ジャングルマラソン体験談が面白すぎる!(小野裕史さん)

マラソン中毒者(ジャンキー)を先日出版された小野裕史さんというインフィニティ・ベンチャーズの経営者がいる。以前にもブログに書いたが、ツイッターとブログを追いかけている。

小野裕史のマラソン中毒者(ジャンキー)が発売!!

小野さんが最近ブログ更新されたジャングルマラソンの体験談がすごすぎてやばい。面白いので是非読んで欲しい。

ブラジル アマゾン ジャングルマラソン挑戦記1

ジャングルマラソン「未」完走記1:つい、うっかり「ジャングルマラソン」

「7日間でブラジルのジャングルを250kmも走れるレースの写真だってw?

ってか泳いでるww??

ジャングル?? ぁ、暖っかそうじゃね(´・ω・`)?

あ、(;・∀・)っ ポチットナ」

レースをポチったら、次は条件反射でフライトのチェックだ。

レースエントリーだけでは、

まだ「いやいや、さすがにヤメておいたほうが(´・д・`)…」

といった言い訳が出てきかねない。

こういうのは、どんどん言い訳の余地を徹底してツブしてしまうに限る。

ブラジル アマゾン ジャングルマラソン挑戦記2

ジャングルマラソン「未」完走記2:砂漠との大いなる違い

「7日間、250km」のレースは、かれこれ3度経験している。

2011年のゴビ砂漠、サハラ砂漠。

そして2013年3月のアタカマ砂漠である。

ジャングルマラソンでは、

ひたすらに、危険生物の説明が並ぶのである。

– ピラニア

– ヘビ

– ワニ

– ジャガー/ピューマ

– ヒル

– サソリ

– タランチュラ

– ハマダラカ(マラリア原虫の媒介の蚊)

それぞれの特徴などが記載された案内が事務局より届くのだ。

ブラジル アマゾン ジャングルマラソン挑戦記3

ジャングルマラソン「未」完走記3:伝説の「勇者の武器」

一瞬にして、アタマの中に映像が浮かび上がる。

深く暗いジャングルの奥地を、

一人の勇者が颯爽と駆け抜けていく。

時に、カラダにまとわりつく謎の樹木をなぎ払い、

次々と襲いかかる獰猛なヘビを追い払い

行く手を塞ぐワニとピラニアが潜む川を打ちのめし。

伝説の武器「ピコピコハンマー」を片手に持ちながら。

ブラジル アマゾン ジャングルマラソン挑戦記まとめ

とまあ1~3まで紹介したが、こんな感じで16まで続く。最後まで目が離せない。

小野さんが出版されたマラソン中毒者(ジャンキー)。まだ全部読めていないが、すでに面白すぎる。ノータイムぽちり万歳。

マラソン中毒者 北極、南極、砂漠マラソン世界一のビジネスマン
小野 裕史
文藝春秋
売り上げランキング: 176
小野裕史のマラソン中毒者(ジャンキー) (1) 小野裕史のマラソン中毒者(ジャンキー) (2) 小野裕史のマラソン中毒者(ジャンキー) (3)

関連記事

赤穂トライアスロン2013年度大会完走と反省点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です