takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

いつかは行きたい 一生に一度だけの旅 BEST500がおすすめすぎる

投稿日:2013年5月27日 更新日:

僕が世界一周に旅立つ前に、何度も何度も読み返した旅行ガイド本がある。ナショナルジオグラフィックが編集している「いつかは行きたい 一生に一度だけの旅 BEST500」である。

いつかは行きたい 一生に一度だけの旅 BEST500
ナショナル ジオグラフィック
日経ナショナルジオグラフィック社
売り上げランキング: 321,333

旅先を考えるにあたって、この本ほど触発されたものはない。ジャンル分けされている選りすぐりの場所。美しい写真に加えて心に沁み入る文章、ベストシーズンや旅のヒント、地図が添えてある親切レイアウト。素晴らしすぎる。

久しぶりにチェックしていたら、「続」が出版されていた。「続 いつかは行きたい 一生に一度だけの旅 BEST500」である。

続 いつかは行きたい 一生に一度だけの旅 BEST500
ジェレミー・アラン他
日経ナショナルジオグラフィック社
売り上げランキング: 475,312

ちなみに僕の世界一周でのBEST10

2年半の世界旅行で行った海外おすすめの場所ランキングベスト10 | takahirosuzuki.com

自転車ツーリングにおすすめの場所ランキングベスト10 | takahirosuzuki.com

「いつかは行きたい 一生に一度だけの旅 BEST500」はコンパクト版も発売されている。こちらの方がお手頃価格でいいかも。

いつかは行きたい 一生に一度だけの旅 BEST500 [コンパクト版]
イアン・アレクサンダーほか
日経ナショナルジオグラフィック社
売り上げランキング: 5,226

目次

1 水上の旅を楽しむ―豪華なクルーズ船からカヌーまで、一生忘れない水の上の旅
2 ドライブの旅―地平線のかなたをめざし、伝説のハイウエーや知られざる裏道をひた走る
3 鉄道で世界絶景めぐり―心地よい列車の揺れに身をまかせ、車窓の眺めを楽しむ
4 地球の散歩術―世界でもっとも純粋でシンプルな“歩く旅”の楽しみ方
5 文化に親しむ旅―美術、演劇から建築まで、さまざまな文化の奥行きを知る
6 世界の美食を求めて―異国の味を本場で味わい、“口腹の喜び”にひたる
7 スポーツの旅―激流下りから情熱の踊りタンゴまで、エキサイティングな冒険に挑む
8 空からの眺めを楽しむ―軽飛行機、ヘリコプター、熱気球…。“神の視点”から世界を見る
9 歴史を味わう旅―ブッダのインドからトルストイのロシアまで、偉人たちの足跡をたどる

336×280

336×280

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[本]狩猟サバイバル-服部文祥 殺生行為と命と善と食べること

生きるってなんだろう。僕自身は、自転車や登山やカヌーなどの人力で移動するスタイルでアウトドアをすることで、なんとなく生を実感してきた。むしろ、少しでも生を実感したからこそアウトドアにのめりこんだ。 自 …

ブログで文章力を向上させる方法

有名ブロガーのちきりんさんが書いていた記事。 ・安易な道を選ばない それだけで食べていけます ちきりんさんは「文章を書く」というジャンルでは安易な道を選ばないと言っている。書くにあたっての安易な道とは …

時間がないと言い訳する人は朝2時に起きなさい![枝廣淳子]

「時間がないと言い訳する人は朝2時に起きなさい!」 という記事を見つけた。 時間がないと言い訳する人は朝2時に起きなさい! | ニコニコニュース朝2時起きで、なんでもできる … せわしなく …

田舎暮らしを本気で考えている人へ!「完全版 自給自足の本」のわくわく感がすごい

自給自足という言葉の響きにうっとりする。完全な自給自足までをやろうとは思わないけれど、半自給自足程度の生活には憧れる。自分で作ったものに囲まれて生きる。素敵なことだ。 そんな僕がここ最近で突き刺さった …

no image

バイシクルマガジン vol.18で掲載される

キューバで素敵な方との出会いがあった。 その方との縁で僕の旅が雑誌に紹介されることになった。 Bicycle magazine (バイシクルマガジン) VOL.18 2010年 06月号 [雑誌] p …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。