「新世界より」の感想と貴志祐介のおすすめ本とツチボタルの写真(ニューシーランド)

貴志祐介との出会いは川だった。

大学1年生のときの夏、僕はカヌー旅に出ていた。奈良県の吉野川、山口県の錦川、熊本県の川辺川・球磨川を、カヌーをかついで青春18切符で移動した。そのときにお世話になった3人の先輩は本好きであった。故に、カヌーで川を下る以外の自由時間は、川辺ではもっぱら読書にいそしむこととなる。

そのときに先輩らが持っていた本の中に貴志祐介の「天使の囀り」があり、夢中になった。すぐに彼の本を読み漁ることとなり、当時刊行されていた本は貪るようにすべて読んでしまった。

中でも特に好きなのは、RPGをプレイしているような感じがたまらない「クリムゾンの迷宮」。本にも関わらず、自分で行動を選択していくというところが面白かった。しかし、それ故にストーリーが分散され、物語の密度が薄まった印象はある。

今回読んだ「新世界より」はクリムゾンの迷宮のような行動を選択する趣向はなく、一本のストーリーがしっかりと書きこんである作品。のめり込んだ。

気付かぬうちに「悪の教典」や「狐火の家」などといった、まだ読んでいない幾つかの貴志祐介の本がある。貪るように彼の著書をすべて読み終えたとき、もうないのか・・・と感じたことを思い出すと、楽しみが残されているのは幸せなことだ。

再び貴志祐介ワールドに戻りそうな予感がぷんぷんする。

「新世界より」で出てくるツチボタル

「新世界より」では洞窟の中で光るツチボタルが出てくる。

「星みたいに見えるけど、全然、瞬いてない。いったい何なんだ、あれ?」

という言葉の正体。そのツチボタルとは、グローワームといい、ニュージーランドなどに生息している。ニュージーランドに行ったときに見てきたので、写真を載せておく。

後ろにある緑色の光がツチボタル。洞窟内に流れる川を下りながら見るのだけれど、写真に写っている数よりもずっと多く、満点の星の空を見ながら川を流れに身を任せている感じ。ニュージーランドの北島のワイトモの洞窟ツアーに参加すれば見られる。おすすめ!!

貴志祐介のおすすめ著書

クリムゾンの迷宮

クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)
貴志 祐介
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 2,267

新世界より

新世界より(上) (講談社文庫)
貴志 祐介
講談社 (2011-01-14)
売り上げランキング: 722
「新世界より」 一 [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2012-11-30)
売り上げランキング: 4,479

黒い家

黒い家 (角川ホラー文庫)
貴志 祐介
角川書店
売り上げランキング: 2,492
黒い家 [DVD]
黒い家 [DVD]

posted with amazlet at 13.01.07
角川エンタテインメント (2008-09-05)
売り上げランキング: 24,899

天使の囀り

天使の囀り (角川ホラー文庫)
貴志 祐介
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 3,811

青の炎

青の炎 (角川文庫)
青の炎 (角川文庫)

posted with amazlet at 13.01.07
貴志 祐介
角川書店
売り上げランキング: 2,594
青の炎 特別版 [DVD]
青の炎 特別版 [DVD]

posted with amazlet at 13.01.07
アスミック (2003-09-26)
売り上げランキング: 3,368

新世界よりの漫画の感想

「新世界より」の漫画がイメージと違ってエロすぎる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です