[家庭菜園]7.肥料・堆肥・石灰ありなしでの大根小松菜の成長の比較(31日目編)

さてさて、気がつけば種植えから一ヵ月。毎朝彼らを眺めては、水やりをしている。ここいらで成長の比較を示しておこう。

小松菜と大根を3つの畝に分けて植えた。それぞれの畝は

畝A 肥料・石灰・堆肥を混ぜたもの
畝B 堆肥を混ぜたもの
畝C 耕しただけ

の3種となっている。大いなる疑問を解決するためだ。

畝Aに種まきをした日から1日後に畝Bに種をまき、その2日後に畝Cに種をまいたため、若干日がずれている。ではでは同じ高さから撮った、小松案と大根の成長の写真をば。

○畝Aの小松菜 (肥料・石灰・堆肥あり 31日目)

○畝Bの小松菜 (堆肥あり 30日目)

○畝Cの小松菜 (何もなし 28日目)

○畝Aの大根 (肥料・石灰・堆肥あり 31日目)

○畝Bの大根 (堆肥あり 30日目)

○畝Cの大根 (何もなし 28日目)

○間引くために植えかえた小松菜

どうでしょう。
畝Aの小松菜は全体的によく育っているのが肥料の効果なのかな。畝Bでもよく育っているのはあるんだけど、成長が遅いのもある。畝Cも同様。ただ、畝Aはまいた種が少なめだったから、あまり密集してないっていうのがあるのよね。もうちょい様子を見ないと、なんとも言えない感じかな。

大根の方は大差ないと思う。多少畝Aがやや大きく育っているんだけど、種をまいたのが少し早いからのような気がする。実際に大根がどうなるかが楽しみ。

ちなみに植えかえた小松菜の成長はすごく遅くなる。植えかえした後の数日間がへた~ってなっちゃうんよね。根が土になじむまでに時間がかかる模様。

そんな感じで1ヶ月経ち、成長が遅いやつを間引いた。ちょいと心が痛みますな。最後に大根のよく育っているやつの写真を載せておしまい。







古民家宿泊はじめました!

管理人タカが住んでいる古民家で民泊をはじめました。良かったら遊びに来てください。語りましょう。ボードゲームやりましょう!


コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

管理人のたかです。1984年4月20日生まれ。不動産会社での開発業、自転車世界一周、地域おこし協力隊を経て、愛知県新城市の古民家で宿泊事業をはじめました。SNSでフォローしていただくと最新記事を読むことができます。よろしくお願いします。