[家庭菜園]1.農業の志望動機は雑草と農作物の違いを調査するため!

疑問があった。
「なんで雑草は勝手に生えるのに、農作物は育てなければならないのだろう?」
その大いなる疑問の解決に向かって動き出す日がきた。

なーんて大仰に言ってみたけれど、単に作物を育ててみたかったのよね。農業をやりたいと思い始めたのは数年前。大学生のころに福井で農作業の実習授業を受けたり、沖縄に農作業を手伝いに行った。それらは数日から二週間のものであり、ほんのさわりだけを知った。それでも大変そうであることを感じ、同時に惹かれるものがあった。いつか自分でやってみたいなと思うようになった。

定年後に田舎暮らしをしながら農業を、、、と考えていた人がいる。実際に田舎に引っ越してそれをやってみたら、思っていたものと全然違って挫折したという話を聞いた。いかにも僕に当てはまりそうではないか。本腰を入れていきなり挑戦するのではなく、人生のどこかのタイミングで、自分に楽しめるかどうかを試すつもりだった。

旅を終えて実家暮らしをしている今、まさにそのタイミングが訪れた。庭を借りて、家庭菜園をやってみることに。わずかながらの場所の雑草を抜き、鍬で耕して畝を作り、種を植えてみた。

雑草を抜いたところ。

店に人に教えられるがままに買ってきたのは「堆肥」「石灰」「肥料」。せっかくなので肥料は有機100%のものにしてみた。

「10月に植えるもので、素人でも作れるものは?」という問いの答えは、小松菜と大根。

畝を作ろうとしているところ。黒いのは堆肥で白いのは石灰。

鍬で土を掘り返して、スコップでかき混ぜた。

形を整えて、適当に種を植えてみる。

現状はこんな感じで3つの畝をを作った。手前の畝に混ぜたのは「堆肥」「石灰」「肥料」。真ん中の畝にまぜたのは「堆肥」「石灰」。奥の畝には何も混ぜていない。違いは出るかな??

農業を始めてみた!と書いたけど、プチ農業であり家庭菜園。ド素人栽培でも育つのだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です