サリマからリロングウェのバスとマラウィ湖の魚と食事の値段

「陸路は常に自転車で」という自転車旅をする人がよく持つ拘りを僕は持っていない。しがらみにとらわれない自由な心を持って「己の喜び」を追求したいと考えていた今回の旅。わくわくする方を選ぶという指針を持っていたものの、自転車乗りとして100km程度の距離でバスを使うのは嫌だ、というちゃちなプライドは捨てきれていなかった。基本的には漕ぐ方針で動いてきたのだ。そうはいっても走り始めたらそれなりに楽しいもので、結果的に満足したことは多い。

そんなスタンスで自転車を漕いでいたのはウガンダまでの話。ウガンダでケープタウンをゴールに定めてからは事情が変わった。時間と資金の関係からケープタウンまでの全路を漕がないと決めたのだ。むしろ出来る限り公共交通機関を使って移動する。本当に漕ぎたいところだけを漕ぐ。それ以外はバスワープで、って。

マラウィ湖沿いの道は楽しかった。首都のリロングウェまでの道はマラウィ湖から離れて100km程度で、標高が500mほど上がる。正直わくわくしない登り道である。今までだったら100kmの距離でバスを使うことはなかった。ただ、事情が変わったのだ。さくっとバスを使って移動してみよう。

サリマ(salima)で事前に自転車込みのバス料金を交渉し、1200クワチャ(約360円)でリロングウェへ。1日半かかると考えていた道が1時間。いや~、楽だわ。バスって偉大。

そんなわけでこれからはがんがんバスを使っていく。リロングウェからザンビアまでは自転車で走り、ザンビアは一気にバスで抜ける。

<Nkhotakota Pottery lodgeからsalimaまでの写真>

1 (26)
これで5000クワチャ(約1500円)。一匹100円いかないくらい。

1 (25)
ブルーフィッシュ。写真じゃ分かりにくいけど青いのよね。

1 (24)
120クワチャ(約36円)。正直びみょ~。

1 (23)
1 (22)
1 (21)
1 (20)
子供たちが遊んでいる。

1 (19.5)
ズームした様子。

1 (19.2)
洗濯する母の周りで戯れる子供たち。

1 (18)
1 (17)
1 (16)
バオバブ。

1 (15)
1 (14.5)
1 (13)
1 (12)
魚定食は700クワチャ(約210円)。こちらのチャンボという魚よりバターフィッシュの方が好き。ンコタコタのH&Mは美味しかったなあ。

1 (11)
サリマの街。中心からやや離れた場所。

1 (10)
フィッシュカレー。これは美味しかった。900クワチャ(約270円)。

1 (9)
部屋の中にテントを張った。だってテントの方が快適なんだもの。

1 (8)
1 (7)
宿の様子。

泊まったのはFuluzo afs resthouse。700クワチャ(約210円)。

1 (5)
1 (4)
使ったバスはこちら。

1 (3)
自転車はこんな感じで載せる。

1 (2)
魚はこんな感じで吊るす。

1 (1)
バスの外のもの売りからサンブサを購入。タンザニア、ケニア、ウガンダから引き続きだけど、飽きないし美味しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です