takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

マラウィ

サリマからリロングウェのバスとマラウィ湖の魚と食事の値段

投稿日:2012年6月20日 更新日:

「陸路は常に自転車で」という自転車旅をする人がよく持つ拘りを僕は持っていない。しがらみにとらわれない自由な心を持って「己の喜び」を追求したいと考えていた今回の旅。わくわくする方を選ぶという指針を持っていたものの、自転車乗りとして100km程度の距離でバスを使うのは嫌だ、というちゃちなプライドは捨てきれていなかった。基本的には漕ぐ方針で動いてきたのだ。そうはいっても走り始めたらそれなりに楽しいもので、結果的に満足したことは多い。

そんなスタンスで自転車を漕いでいたのはウガンダまでの話。ウガンダでケープタウンをゴールに定めてからは事情が変わった。時間と資金の関係からケープタウンまでの全路を漕がないと決めたのだ。むしろ出来る限り公共交通機関を使って移動する。本当に漕ぎたいところだけを漕ぐ。それ以外はバスワープで、って。

マラウィ湖沿いの道は楽しかった。首都のリロングウェまでの道はマラウィ湖から離れて100km程度で、標高が500mほど上がる。正直わくわくしない登り道である。今までだったら100kmの距離でバスを使うことはなかった。ただ、事情が変わったのだ。さくっとバスを使って移動してみよう。

サリマ(salima)で事前に自転車込みのバス料金を交渉し、1200クワチャ(約360円)でリロングウェへ。1日半かかると考えていた道が1時間。いや~、楽だわ。バスって偉大。

そんなわけでこれからはがんがんバスを使っていく。リロングウェからザンビアまでは自転車で走り、ザンビアは一気にバスで抜ける。

<Nkhotakota Pottery lodgeからsalimaまでの写真>

1 (26)
これで5000クワチャ(約1500円)。一匹100円いかないくらい。

1 (25)
ブルーフィッシュ。写真じゃ分かりにくいけど青いのよね。

1 (24)
120クワチャ(約36円)。正直びみょ~。

1 (23)
1 (22)
1 (21)
1 (20)
子供たちが遊んでいる。

1 (19.5)
ズームした様子。

1 (19.2)
洗濯する母の周りで戯れる子供たち。

1 (18)
1 (17)
1 (16)
バオバブ。

1 (15)
1 (14.5)
1 (13)
1 (12)
魚定食は700クワチャ(約210円)。こちらのチャンボという魚よりバターフィッシュの方が好き。ンコタコタのH&Mは美味しかったなあ。

1 (11)
サリマの街。中心からやや離れた場所。

1 (10)
フィッシュカレー。これは美味しかった。900クワチャ(約270円)。

1 (9)
部屋の中にテントを張った。だってテントの方が快適なんだもの。

1 (8)
1 (7)
宿の様子。

泊まったのはFuluzo afs resthouse。700クワチャ(約210円)。

1 (5)
1 (4)
使ったバスはこちら。

1 (3)
自転車はこんな感じで載せる。

1 (2)
魚はこんな感じで吊るす。

1 (1)
バスの外のもの売りからサンブサを購入。タンザニア、ケニア、ウガンダから引き続きだけど、飽きないし美味しい。

336×280

336×280

-マラウィ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マラウィカロンガのJICA青年海外協力隊の家で鶏を捌き方を教わり、テーブルゲームのバオで遊ぶ

旅に出てから3度目の誕生日。一昨年は南米のチリ 、去年はアジアのネパール、今年はアフリカのマラウィで迎えることになりそうだ。改めて確認すると、世界を旅していることを実感する。幸せなことに、過去二回の誕 …

ンカタベイの安宿情報とおすすめレストランとマラウィ湖の住血吸虫

マラウィで最も楽しみにしていたこと。それはケニアで一緒にサイクリングサファリをしたり、フラミンゴをみたりしたアキさんミカさんとの再会である。エレメンティタ湖で別れてから、僕はウガンダへ、彼らはタンザニ …

リロングウェの安宿と最貧国マラウィの経済力

首都のリロングウェにやってきた。そこは今までのマラウィの街と比べると都会であった。大型スーパーや銀行が幾つも並び、ショッピングモールもある。それらが集まる中心部から少し離れると、そこは首都とは思えない …

マラウィの食事と治安と安宿と物価とマラウィ人の性格

アフリカで買い物をしようとすると必ず口出しする人がいる。物を売っている人に値段を聞いても、外人を見て集まってきた人が答えることの方が多いくらいだ。この野菜は200であの果物は500で、みたいな。 自転 …

マラウィ大統領の失策と交代と問題点と治安悪化

マラウィの「ココに行ってみたい!」という場所はなかった。ただこの国を見てみたいと思ったわけがある。混沌を見たかった。言い方をかえれば、国の節目を感じたかった。 マラウィは不安定な状態にある。調べていな …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。