takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

モロッコ

日本人チャリダー林原太郎との出会いとカサブランカの安宿[モロッコ]

投稿日:2012年1月17日 更新日:

この旅は2009年の11月にアメリカからスタートした。走行を開始してほんの数日後に、道中で日本人チャリダーのヨシとカズに出会った。その後1ヵ月間を共に過ごすのだが、そのときにこんなことを思った。

「このペースで日本人チャリダーとの出会いがあるなら、旅のほとんどは誰かと一緒に走ることになるな。」

今から思えば奇跡の出会いであり、それ以降の2年の間に道中で日本人チャリダーと出会って一緒に走ることはなかった。そんな可能性があることすら忘れていたとき、再び奇跡が起こった。このことは近況で書いたので気になる方はこちら

そんな出来事があったラバトからマラケシュへの道中は、写真にコメントを添えて紹介していこうと思う。

1 (34)

橋が異様に立派。

1 (33)

走っているときに見える風景はこんな感じなのに。

1 (32)

カサブランカではユースホステルに泊まった。ドミトリーが70DH(700円弱)だったかな。ホットシャワーあり、wifiなし、朝食付き、親父の愛想なし。中国で作ったユースホステルの会員証は結局ヨーロッパでもモロッコでも使わず。

1 (31)

港付近でパエリアを食べてみた。40DH(400円弱)。思った以上に美味しい。

1 (30)

カサブランカの美しいモスク。

1 (29)

こんな二人乗りをよく見かける。

1 (28)

道路脇にはカタツムリがいっぱい。シェフシャウエンで食べたエスカルゴこれ。

1 (27)

時折きれいな川が流れている。

1 (26)

街中の電灯。

1 (25)

立派な建物は銀行!風格あるね。

1 (24)

その場で生地から作ってくれるピザ。レベル高い。35DH(350円弱)。

1 (23)

こちらはセッタ(settat)で泊まった宿。近くにある70DHが満室だったので、100DH(交渉後)の宿にした。ホットシャワーあり、wifiあり。翌日はBen guerirに泊まり、その次の日にマラケシュ到着。

1 (22)

朝日が差し込む7時過ぎに出発。

1 (21)

平坦な道を進んでゆく。

1 (20)

景色に変化があって楽しい。

1 (19)

道端でザクロを売っていた。幾つかもらう。

1 (18)

簡易テントのような場所で生活している。中に布団が敷いてあった。

1 (17)

はっぱが1日の楽しみ。来年はモロッコを旅してまわると言っていた。

1 (16.5)

地図に載っていない街。集落といったレベルだけれど門構えが立派。

1 (16)

1 (15)

1 (14)

1 (13)

リアルな生活が見える。

1 (11)

途中で奇跡の出会いがあった。

1 (10)

サボテンがいっぱい。

1 (9)

内陸の建物は茶で統一されている。

1 (8)

ガソリンスタンド併設のカフェにて。モロッコ人はカフェでいつもサッカーを見ている。得点が入って歓喜している様子はかなり激しい。

1 (7)

日差しは強いが気温は20度くらいなので走行は楽。

1 (6)

遠目に見る集落。

1 (5)

羊がいっぱい。

1 (4)

マラケシュ付近まで来ると南国チックになってきた。

1 (3)

マラケシュの入り口。

1 (2)

タジンは外れない。

1 (1)

トマトを容器のてっぺんに乗せるのに意味はあるのだろうか。

という感じでラバトから3泊4日でマラケシュに着いた。道中で出会ったチャリダーのタロウと再会の約束をしており、楽しみで仕方なかった。

336×280

336×280

-モロッコ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

モロッコへ入国「声をかけられる数」と「ゴミの量」が100倍に

旅を始めてから617日目。2009年11月17日に旅を始めたので、出発から丸二年の月日が流れたことになる(617日目の理由は一時帰国の日数をカウントしていないから)。明日で3年目突入。時の流れとはおそ …

no image

サハラに死すを読んで自転車サハラ砂漠縦断へ[モロッコゲルミンguelmim]

旅を始めてから651日目。 サハラ砂漠の入り口の街までやってきた。奇跡の出会いをしたタロウとはこの街でお別れとなる。僕は南西へ、彼は東へ。砂漠へ向かう前にゆっくりと体を休めてから出発するつもり。それま …

エッサウィラの世界遺産メディナ[モロッコ]

マラケシュをタロウと共に出発した。目指す先はメディナ(旧市街)が世界遺産に認定されている港町エッサウィラ。世界遺産と言われても、今までの4つの世界遺産メディナでお腹だったいっぱいなので殊更見に行きたい …

フェズの安宿Agadirとモロッコの旧市街の大迷路

モロッコにずっと行ってみたかった。なぜだろう。最も旅がしやすいイスラムの国、という話がきっかけだったように思うが今となってはよく分からない。詳しく知らないままに気持ちが先行した。モロッコへ行った旅人に …

イスラム教の結婚式とメクネスの安宿[モロッコ]

ジブラルタル海峡から南に350㎞ほど走り、古都メクネスへやって来た。夕刻に街をふらふら散歩していると、道路脇で着飾った男女がわいわいがやがやと賑わっている。どうやら何かを待っている様子だった。 モロッ …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。