日本人チャリダー林原太郎との出会いとカサブランカの安宿[モロッコ]

この旅は2009年の11月にアメリカからスタートした。走行を開始してほんの数日後に、道中で日本人チャリダーのヨシとカズに出会った。その後1ヵ月間を共に過ごすのだが、そのときにこんなことを思った。

「このペースで日本人チャリダーとの出会いがあるなら、旅のほとんどは誰かと一緒に走ることになるな。」

今から思えば奇跡の出会いであり、それ以降の2年の間に道中で日本人チャリダーと出会って一緒に走ることはなかった。そんな可能性があることすら忘れていたとき、再び奇跡が起こった。このことは近況で書いたので気になる方はこちら

そんな出来事があったラバトからマラケシュへの道中は、写真にコメントを添えて紹介していこうと思う。

1 (34)

橋が異様に立派。

1 (33)

走っているときに見える風景はこんな感じなのに。

1 (32)

カサブランカではユースホステルに泊まった。ドミトリーが70DH(700円弱)だったかな。ホットシャワーあり、wifiなし、朝食付き、親父の愛想なし。中国で作ったユースホステルの会員証は結局ヨーロッパでもモロッコでも使わず。

1 (31)

港付近でパエリアを食べてみた。40DH(400円弱)。思った以上に美味しい。

1 (30)

カサブランカの美しいモスク。

1 (29)

こんな二人乗りをよく見かける。

1 (28)

道路脇にはカタツムリがいっぱい。シェフシャウエンで食べたエスカルゴこれ。

1 (27)

時折きれいな川が流れている。

1 (26)

街中の電灯。

1 (25)

立派な建物は銀行!風格あるね。

1 (24)

その場で生地から作ってくれるピザ。レベル高い。35DH(350円弱)。

1 (23)

こちらはセッタ(settat)で泊まった宿。近くにある70DHが満室だったので、100DH(交渉後)の宿にした。ホットシャワーあり、wifiあり。翌日はBen guerirに泊まり、その次の日にマラケシュ到着。

1 (22)

朝日が差し込む7時過ぎに出発。

1 (21)

平坦な道を進んでゆく。

1 (20)

景色に変化があって楽しい。

1 (19)

道端でザクロを売っていた。幾つかもらう。

1 (18)

簡易テントのような場所で生活している。中に布団が敷いてあった。

1 (17)

はっぱが1日の楽しみ。来年はモロッコを旅してまわると言っていた。

1 (16.5)

地図に載っていない街。集落といったレベルだけれど門構えが立派。

1 (16) 1 (15) 1 (14) 1 (13)

リアルな生活が見える。

1 (11)

途中で奇跡の出会いがあった。

1 (10)

サボテンがいっぱい。

1 (9)

内陸の建物は茶で統一されている。

1 (8)

ガソリンスタンド併設のカフェにて。モロッコ人はカフェでいつもサッカーを見ている。得点が入って歓喜している様子はかなり激しい。

1 (7)

日差しは強いが気温は20度くらいなので走行は楽。

1 (6)

遠目に見る集落。

1 (5)

羊がいっぱい。

1 (4)

マラケシュ付近まで来ると南国チックになってきた。

1 (3)

マラケシュの入り口。

1 (2)

タジンは外れない。

1 (1)

トマトを容器のてっぺんに乗せるのに意味はあるのだろうか。

という感じでラバトから3泊4日でマラケシュに着いた。道中で出会ったチャリダーのタロウと再会の約束をしており、楽しみで仕方なかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です