takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

モロッコ

ラバトの安宿とモーリタニアビザ取得[モロッコ]

投稿日:2012年1月13日 更新日:

モロッコの首都ラバトは、モロッコで一番大きい都市ではない。カサブランカの方が大都市だし、マラケシュよりも小さいように感じた。なんだか不思議な感じ。モロッコを旅する人の多くはラバトへ行かないようだ。空路のメインはカサブランカで、観光名所は他にいっぱいある。

そんなラバトに僕が一週間も滞在することになったのは一重にモーリタニアビザが理由。近況でも書いたけど、金曜にモーリタニアの大使館に行ったら月曜に来いと言われ、月曜に行ったら月曜火曜は休みという張り紙があった。水曜にようやく申請して木曜に受理。結局1週間もいることになった。とほほ、、、

お気に入りのシェフシャウエンにもっといれば良かった!というのは後の祭り。でもより後日から振り返れば、ラバトでの滞在のおかげで日本人チャリダーのタロウと会うことが出来た。タロウとペアランをしている間はこのときに書きためたブログが更新されていった。結果的には悪くない。人生に無駄な時間なんてないのだ。

1 (39)

ラバトの対岸にはサレという街がある。

1 (38)

やたら人気だった店のスイーツ。ふつー。

1 (33)

凧揚げやってる!

1 (32)

公衆電話が意外ときれいなんだよな。

1 (31)

体育館へ入ってみたらテコンドーを教えていた。

1 (30)

郊外の建物。

1 (29)

宿からの夕暮れ。

1 (28)

ヤギの脳味噌??可もなく不可もなく。

1 (27)

1 (26)

1 (25)

1 (24)

1 (23)

1 (22)

1 (21.4)

この門兵が守っているのは、、、

1 (21.2)

この美しい建物。

1 (21)

墓だけどね。

1 (20)

1 (19)

黄色の衣装が映える。

1 (18.5)

考えることはどこの国の人も大して変わらない。

1 (17)

1 (16)

にゃんこが寝てる~。かわいいなあ。

1 (15)

1 (14)

1 (12)

モロッコは犬よりも猫の方が圧倒的に多い。国で野良猫を飼っているレベル。

1 (11)

こちらはモーリタニア大使館。休み明けだからか多くの人が詰め掛けた。

1 (10.5)

そこから1km程の場所にあるショッピングモール。

1 (10.3)

ツソシシテ??意味がさっぱり分からない寿司屋があった。これだけネットが普及しているんだから調べてから作ればいいのに。

1 (10)

選挙の影響なのかデモなのか、多くの人が集まっていた。

1 (9)

室中の写真は撮れなかったけれど、モロッコ人女性が色とりどりの服装でエアロビをやっていた。圧巻!

1 (8)

博物館にて。

1 (6.5)

ネットを使うときにお世話になったカフェ。マクドナルドはwifiが繋がる場所として非常に有難いのだけど、出来る限り地元の店でお金を落とすようにしている。世界がマクドナルドだらけになったらつまらないし。(もうなっているけど)

1 (4)

数時間いても嫌な感じがしないカフェじゃないと通えない。

1 (3)

1 (2.5)

毎日アボガドジュースを飲んでいた。お世話になりました。

1 (1)

こちらが止まっていたメディナ(旧市街)の宿。60DH(600円弱)でwifiとシャワーなし。はじめは新市街のセントラルホテル(100DH)シャワーは別途10DHに一泊したけれど、従業員の態度が悪いし滞在が長引きそうだったので安いところへ移動。庶民ハマム(10DH)やシャワー屋(10DH)を体験出来て良かった。

1 (0.5)

従業員のお姉さん達がすごく良い感じだった。こちらもお世話になりました。ペコリ。

336×280

336×280

-モロッコ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自転車世界一周と日本一周の定義について

世界一周ってなんだろう。 2004年に僕は自転車で日本一周した。本土の最北端、最東端、最西端、最南端を回ることを日本一周と定義し、早稲田大学の大隈講堂を発ち、海岸線沿いをぐるっと回って大隈講堂に帰って …

自転車世界一周に定義は不要!

何度も書いてきたことだけど、僕は自転車で旅をすることに対する拘りはない。公共交通機関を使っても構わないし、旅の移動手段は自転車でなくてもいい。自転車で旅をすることがわくわくするから今も続けているだけだ …

上温湯隆の「サハラに死す」からサハラ砂漠自転車旅行

サハラに死す―上温湯隆の一生 (講談社文庫) posted with ヨメレバ 長尾 三郎 講談社 1987-07 Amazon 楽天ブックス この本無くして僕がサハラ砂漠を自転車で縦断しようと思うこ …

マラケシュの女性向け日本人宿house13[モロッコ]

ベルベル語で神の国を意味するマラケシュは、世界遺産に登録されている場所。特にメディナ(旧市街)は必見と言われている。メディナ内のフナ広場では夜になると屋台が並び、その活力と迸るエネルギーから来る客引き …

世界三大うざい人種のモロッコ人と触れて思うこと

世界三大うざい人種、というのが旅人間で噂されている。 「インド人、エジプト人、モロッコ人」 フェズとは肌が合わないと感じた大きな原因はしつこく付きまとってきてお金を請求するモロッコ人だった。話かけてく …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。