takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

スペイン

ピカソの生家があるマラガ[スペイン]

投稿日:2011年11月14日 更新日:

遂に地中海までやってきた。英語でMediterranean Seaと呼ばれる地中海は、大西洋の付属海の一つ。これから向かうジブラルタル海峡から先は大西洋となる。トルコで地中海と初めて出会い、ヨーロッパを横断して再び相見えるまで6ヵ月弱の期間を要した。海辺のベンチに腰掛け、しみじみと波の往来を眺めた。

1 (19)

辿りついた街はピカソの生まれ故郷であるマラガ。海に面した街はどこも明るくオープンな感じがする。人々の足取りもどことなく軽快だ。スペイン北部の海沿いのサンセバスチャンと同様、街に活気があった。

マラガは年のほとんどの日が晴れるという。僕が滞在した2日間も太陽がさんさんと照っていた。内陸部と比べて暖かく、特に朝晩の冷え込みが緩和された。日中は街を散歩し、ピカソ美術館に足を運ぶ。夕暮れ以降はバルを巡り、マラガワインを楽しむ。アフリカ大陸は地中海を隔てた向こう側にある。数日後にはあちらにいると考えて気が昂る中、ヨーロッパの最後を満喫した。

1 (18)

露店で栗を売っているのを見るのは中国以来。

1 (17)

1 (16)

ピカソ美術館は写真禁止だった。せっかくマラガにやってきたなら一見の価値あり。ピカソって孤独なイメージを持っていたけど、なんども恋をしている話や、絵画教室のようなものをやっていた話に驚いた。

1 (15)

1 (14)

バル巡り開始。

1 (12)

1 (11.5)

一品とワインで3ユーロ。上のラザニアのようなやつがイケていた。

1 (11)

1 (10)

1 (9.5)

1 (9.2)

カンパラの揚げ物が一番美味しかった。一皿2.2ユーロ。甘ったるいマラガワインよりビールの方が合うと思う。

1 (9)

1 (8)

そこらでスケッチしている人が見かける。

1 (7)

1 (6)

店の名前を忘れたけど、開けた広場に面した異様にはやっている店。

1 (5)

ここのビールは1ユーロと非常にお得。ここで一杯飲んでから他の店に行っていた。

1 (1)

こちらの宿に泊まった。ドミトリー朝食付きで11ユーロだったかな。アフリカ大陸へのフェリーが出ているアルヘシラスを目指し手出発した。

336×280

336×280

-スペイン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マドリッドの治安は悪いので気をつけて!+観光情報と生ハム祭り

雨と風に晒されながら、さほど高くない山を幾つも越えて辿り着いた首都マドリッド。友人との合流予定だった週末に合わせてえっさこいさと漕いで参りました。そして友からのメールを確認すると、、、 「行けない」 …

no image

[近況]2011年11月9日スペインマラガ:半年振り

旅を始めてから610日目。 「海だあ~~~~~~~~~~~!!!!!!」 走り抜けた先に姿を現したのは地中海。眺めるのはトルコ以来で約6ヵ月ぶりとなる。ヨーロッパ横断を目前にした地中海との再会にじわじ …

ランチから考えるスペインの物価 Menu del dia

スペインといったらバルで一杯楽しむことは欠かせない。それに負けないのがMenu del diaと呼ばれるランチである。バルをはしごしていると、気付けば20~30ユーロくらいかかっている。それに比べてラ …

no image

スペインマドリッドの日本人宿ヤガミハウスに泊まる

旅を始めてから600日目。無事に旅を続けられていることに改めて感謝。 今週末にマドリッドに遊びに行けるかも、という友人の一言でルートを決めた。北部を横断する巡礼の道か迷ったけれど、サンセバスチャンとマ …

ヨーロッパ横断自転車旅行まとめ

スペインを走ったのは10月19日から11月12日までの25日間。寒くて走るのが嫌になる、というレベルまで行かずにヨーロッパを抜けられる目途がたったので、急くことなくヨーロッパ最後の国を満喫した。 5月 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。