ピルスナーウルケル工場見学:もやしもんで紹介されていた美味しいビール[チェコ ピルゼン]

プラハより南西約100kmに位置するピルゼン(plzen)はピルスナーウルケルというビール発祥の地。ちなみにplzenは日本語だとプルゼニュだそう。そこで飲んだピルスナーウルケルはいまのところ人生で一番美味いビール。ここを外してチェコは語れない。

そもそも僕はピルスナーが何かをよく分かっていなかった。ちょっと調べてみると、、、

wikiのピルスナーの解説では
ピルスナーとは、チェコのピルゼン地方を発祥とするビールのスタイルの一種である。淡色の下面発酵ビールであり、ホップの苦味を特長とする。現在、世界中で醸造されているビールの大半はピルスナースタイルである。

wikiのピルスナーウルケルの解説では
ビールの種類としては下面発酵(ラガービール)に属する。ピルスナー・ウルケルはコクが強いが、ラガービールよりもアルコール濃度は少なく、一般的なピルスナーよりもホップの苦味が強い。ホップが風味の重要な要素であり、また、軟水が醸造に利用されている。

All About の解説の一部を引用すると
1842年、ついに黄金色に輝くピルスナー・ウルケルが誕生。今でこそ、私達のビールのイメージは淡黄金色ですが、当時のビールは褐色や濃褐色だったため、黄金色に輝くビールを目にした当時の人々はとても驚嘆したそうです。

この土地で育つ大麦とホップが、非常に高品質であったこと。そして、ピルゼンの水が、ヨーロッパでは珍しく、カルシウムの含有量やアルカリ度の低い軟水で、ラガー酵母との相性がぴったりだったこと。この2つの要素が世紀の大発明につながったことは、後になって分かったことです。しかし、当時の時代背景を考えれば、これこそ、良いものをつくりたいという職人気質が生み出したビール。最高品質のピルスナー・ウルケルが誕生したのは、美味しいビールを造りたいというピルゼンのビール醸造職人たちの熱意の賜物です。

背景知識はこのくらいで充分かな。伝えたいのは、ビール好きはいつかこの聖地に訪れる必要がある、ということ。兎に角、美味い!

チェコでは500mlの生ビールが20~25コルナ(100円~125円)で飲める。しかしチェコ内でも高級なビールとされるピルスナーウルケルは30~35コルナ(150円~175円)する。っていずれにせよ滅茶苦茶安い!!財布は気にせずがんがん飲めるのだ。サイクリングの休憩はバーでビール一杯ってのが当然のようになっていた。自転車漕いだ後のビールは5割増しなのよね。ほんと素敵な国。

ピルスナーウルケルのビール工場を紹介。

sDSC00343

入り口の様子。

sDSC00336

工場見学ツアーの英語バージョンは2時間に1回くらいだった。

sDSC00378

ピルスナーウルケルバスで移動。

sDSC00379

トイレの案内の背景がビール!

sDSC00386

工場内の様子。

sDSC00391

始めてのビール工場。

sDSC00393

ちなみにカメラ持ち込みは有料。

sDSC00397

行程表なり。

sDSC00401

地下はかなり寒い。

sDSC00408 sDSC00418 sDSC00419

最も楽しみだったビールの試飲。いや~美味しかった!

sR0016896

敷地内にはこんなものも。

sR0016878

併設されていつレストランに行ってみた。

sR0016876

えらく賑わっていた。

sR0016872 sR0016871

ソーセージとグラーシュを頼んだ。美味しい。

sR0016870 sDSC00333

一応全種類のビールを堪能。

無ろ過のピルスナーウルケルを飲めるレストランがあるというので行ってみた。それはビール博物館に併設されているNA PARKAUというレストラン。店のHPはこちら。

sR0016904 sDSC00361

黄金に輝くビールが美しい。

sR0016910 sR0016908

料理の味もGOOD!

sR0016905

無ろ過のやつは0.5lで37コルナのもの。

最後にピルゼンの街の写真を2枚。

sDSC00350 sDSC00348

ビール好きには是非訪れて欲しい街である。ご堪能あれ。

ピルスナーウルケルが飲める店のエントリー追加

もやしもん8巻で紹介されていたピルスナーウルケルの生が飲める東京近郊の店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です