冒険家「出堀良一」と10年ぶりに乾杯をした話

2009年に世界一周自転車旅をはじめた。

自転車を漕ぎ始めて3日目に、日本人チャリダー(サイクリスト)の出堀良一と出会った。そこから1ヶ月ほど一緒に走り、「帰国したら乾杯しよう!」と言って別れた。

僕の旅の予定は2年であり、彼の旅の予定は3年半だった。

僕の旅は半年ほど延びて、2年半となった。自転車旅は多くの場合において期間が延びるので、仕方のないこと。

2012年に帰国し、彼の旅の無事を願いながら、再び杯を乾かせる日を待った。

待った。

待った。。。

待てども、待てども、全然帰って来ねえ。。。

彼の旅は6年半ほど延びて、10年となった。

流石に延び過ぎ!!!!!

2019年6月にようやくゴールしたので、10年ぶりに乾杯をしたのだった。

115カ国12万キロ無帰国10年の世界自転車旅

10年ぶりの乾杯は、僕がはじめた古民家宿タカハウスとなった。

ついでに(?)、講演をしてもらった。

無帰国10年115カ国!自転車冒険家「出堀良一」の講演+交流会@愛知タカハウス【2019年6月29日(土)】

2019.05.06

これがすこぶる良かった。

距離が近く人数が少ないので、出掘氏は参加者に適度に話を振る巻き込み型の講演であった。

また、1つ1つのエピソードを学びに落とし込んでおり、さらに講演全体のテーマもあって非常に練られていた。笑いも多かった。

参加者の満足度が高かったのが傍目に分かるレベル。

そのあとの交流会も多いに盛り上がり、充実した時間だった。参加メンバーもひとくせふたくせある方々ばかりで、濃いメンツだった。

自転車旅冒険家 × 古民家宿タカハウスという2重のフィルターを通過して集まっただけある。

出掘氏が南極へ行き、月へ到達する日が楽しみ。

ちゃお!







古民家宿泊はじめました!

古民家タカハウスで宿泊事業をはじめました。良かったら遊びに来てください。語りましょう。ボードゲームやりましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

管理人のたかです。1984年4月20日生まれ。不動産会社での開発業、自転車世界一周、地域おこし協力隊を経て、愛知県新城市の古民家で宿泊事業をはじめました。SNSでフォローしていただくと最新記事を読むことができます。よろしくお願いします。