どこで人と会うと仲良くなれるのか?

一度会っただけで仲良くなる人、何度か会って仲良くなる人、何度も会っているのに仲が良いのかよく分からない人。

様々な人がおり、様々な人間関係が生まれる。

1つ気付いたことは、仲良くなりたい人と会う場所は非常に大事だということ。

どこで会うと仲良くなるのか?

結論から書くと、

・スペシャルな場所
・相手のホームタウン
・自分のホームタウン

の3つが、仲良くなりやすい場所である。

3つの場所を網羅するほど、距離が近づきやすい。

例えば、旅先のタイで出会った人がいたとする(スペシャルな場所)。その人が住んでいる兵庫県の家へ遊びに行き(相手のホームタウン)、その人が自分の住んでいる愛知県の家に遊びに来てくれた(自分のホームタウン)。

会った回数は3回でも、すでに心が通じ合う友人になっている可能性は高い。

上記は極端な例だったかもしれないが、どこかの飲み屋で3回会うよりはずっと近しい関係になっているだろう。

仲良くなる重要ポイント

はじめての出会いがどこになるのかは分からない。もしかするとスペシャルな場所かもしれないし、そこらへんの飲み屋かもしれない。

ではどこがポイントなのか?

重要なのは2回目に会う場所である。

出会った後にお互いがいいなと思って連絡を取れば、2回目に会うことになるはず。

そのとき、可能ならば「スペシャルな場所」「相手のホームタウン」「自分のホームタウン」の3つを選ぶと仲良くなりやすい。

2回目に会ってぐっと距離が近づいたとき、3回目、4回目の再会へと続く。

東京のどこかの居酒屋などは、最後の選択肢だよ

仲良くなる3つの場所について

・スペシャルな場所
・相手のホームタウン
・自分のホームタウン

の3つが仲良くなる場所だと書いた。

スペシャルな場所とは、旅行やイベントなどを指す。僕は両方とも好きだが、旅やイベントで出会った人でずっと繋がっている友人は多い。

相手のホームタウンとは、相手の家が最たるところだが、家だけではない。その人が普段過ごしている空間(馴染みの店や会社など)に招待してもらうことも含む。

自分のホームタウンも相手のホームタウンと同じく、自分にとって居心地が良い空間。リラックスしている姿や素の姿が見せられる場所である。

「仲良くなる」というのはお互いのいろいろな面を見せ会うことだと思う。

違った顔が出やすい場所というのが、「スペシャルな場所」「相手のホームタウン」「自分のホームタウン」なのだ。

当記事が面白かった人におすすめの記事

当記事が面白かったという人には、以下の2つの記事がおすすめ。

人見知りにおすすめの「積極的受け身」という人間関係構築のやり方

2018.10.20

人との距離感を見直した時期と学んだこと

2018.10.16

僕は周りの人に恵まれているといつも感じて過ごしている。

ありがとう。

ちゃお!







古民家宿泊はじめました!

古民家タカハウスで宿泊事業をはじめました。良かったら遊びに来てください。語りましょう。ボードゲームやりましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

管理人のたかです。1984年4月20日生まれ。不動産会社での開発業、自転車世界一周、地域おこし協力隊を経て、愛知県新城市の古民家で宿泊事業をはじめました。SNSでフォローしていただくと最新記事を読むことができます。よろしくお願いします。