日本ミツバチを自然養蜂するために2018年は蜂の巣箱を4つ置いてみた!

どーも。田舎遊びを満喫する会代表の養蜂侍タカ(@viatortaka)です。

さて、今年も蜂の巣箱を置く季節がやってきた。日本ミツバチのはちみつが採取したくて仕方がないのだが、なかなか入ってくれない。

ミツロウを塗ったり、キンリョウヘンを置いたりしてきたが、蜂の巣ができることはなく涙を呑んだ。

自然養蜂するための蜂の巣箱をもらってきたよ!

2015.05.20

日本みつばち用の巣箱に蜜蝋を塗り、雨に濡れないように屋根を作った!

2015.06.18

自然養蜂の日本みつばち誘引のためにキンリョウヘンを置いてみた!

2016.04.18

キンリョウヘンの株分けをしたものの、うまくいかず1つは枯れてしまう。何かとうまくいかないとモチベーションは下がるもので、今年もとりあえず置いてみた。

そんな折に友人が養蜂をやっている方を紹介してくれて、その方も巣箱を持ってやってきた。

ミツロウを塗り、待ち箱にルアーもつけ、誘引準備はばっちり。キンリョウヘンの花も早く咲かないかな。

いろいろと相談しながら今年は計4つの巣箱を設置。さて、どうなるか!!!

楽しみだな~。はちみつ大好き。

ちゃお!







古民家宿泊はじめました!

古民家タカハウスで宿泊事業をはじめました。良かったら遊びに来てください。語りましょう。ボードゲームやりましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

管理人のたかです。1984年4月20日生まれ。不動産会社での開発業、自転車世界一周、地域おこし協力隊を経て、愛知県新城市の古民家で宿泊事業をはじめました。SNSでフォローしていただくと最新記事を読むことができます。よろしくお願いします。