大人がガチで水鉄砲ゲーム(合戦)をやってみた!ルールやポイやおすすめ水鉄砲など紹介

どーも。大人の遊びをシリーズ化する会代表の自然人タカ(@viatortaka)です。

サバゲーを初めてやってから10年が経つ。アーチェリーサバゲなるものやらをやってみたかったりする中で、子どもの頃に楽しんだ水鉄砲に返り咲いた。田舎暮らし始めたし、うちの庭で水鉄砲サバゲやったら面白いのでは、という発想。

大人がガチで水鉄砲合戦をやったらどうなるのか?

結論を言ってしまえば、「死ぬほど」面白かった。サバゲガチ勢の動きとかやばいし、見ていても楽しいし、水がかかったら気持ちいいし、最高!!終わったらすぐに第二回を企画してしまうレベルの白熱したイベントとなった。

水鉄砲ゲームのルール

まずはベースとして各自水鉄砲を1つ持つ。金魚すくいで使うポイをゴムで頭につけて、それが破れたらアウト。

フィールドには水が入ったバケツを散りばめ、戦闘中に水鉄砲の水を補給できるようにする。それで準備は完了である。

殲滅戦

チームに分かれて1人1ライフでポイが破れた人から脱落していくという殲滅戦。どちらかのチームの人員がゼロになるまで、もしくは時間制限を設けて終了時に残っている人の数を競う。

チームはTシャツで色分けすると分かりやすい。僕らは赤Tチームと黒Tチームに分かれて対戦した。残った3人くらいは動きがガチすぎてやばかった。。。

時間制限殺戮数戦

チームに分かれて各チームの陣地の後方にポイを置く。ポイが破れた人は新しいポイに取り替えてリスタート。時間を10分〜20分くらいで区切り、タイムアップしたときに破れているポイの数を競う。

倒されてもいーやと気軽に相手陣地に突っ込めるのが楽しい。1人でも倒せれば相対的にプラマイゼロだし、2人倒せればプラス1だしね。殲滅戦だと倒されたくない(離脱するとつまらない)のでそうはいかない。

フラッグ戦

サバゲーでいうフラッグを取り合う戦いだが、水鉄砲合戦ではプラコップを取り合った。お互いが自陣にプラコップを幾つか置き(僕らは3つでやった)、相手陣地のそれを取りに行く。1人が一回の持ち帰ることのできるコップの数は1個まで。

ポイに穴の空いた人は離脱していくルールの中で、最終的な目標はプラコップを奪うこと、というのがポイント。倒すことがメインじゃなくなり、戦略性が増す。

面白い。

バトル・ロワイアル戦

チームは組まず完全に1人1人が独立して戦う。完全なるガチ勝負。

全員男子とかならいいかもだけど、ガチメンバーじゃない限りチーム戦のほうが盛り上がるとは思う。

武器の統一とおすすめ水鉄砲について

水鉄砲をみな同じものにすると公平、、、

と思いきや水鉄砲は違うほうが面白い。水鉄砲を並べてチームごとに1つずつ水鉄砲えらぶドラフト形式が楽しい。

威力が圧倒的に強いバズーカ砲を各チーム1つ入れるのが圧倒的におすすめで、これがゲームを刺激的にする。2本セットを用意すべし。

通常タイプの水鉄砲でおすすめはなやつ。コスパが良い。

空になった食器用洗剤に水を入れた武器もなかなか小回りが効いて使える(ただし接近戦専用)。そういった特徴がある武器を使いこなして勝利を目指す感じがわくわくする。

あとはポイの用意は絶対条件。ポイは号数が上がるほど破れやすいのだが、個人的には6号くらいがおすすめ。

ラッキースクープ 6号(標準) 100本入り WRDNS20020
岸ゴム
売り上げランキング: 193

フィールドと水鉄砲の貸し出しします

写真にもちらちら出ているが、うちで今作り途中のアースバックハウスという土嚢を積み上げている家がいい味を出している。裏を回ったりしてね。

アースバックハウスが上棟!今後は外装→内装と進めていきます!【写真豊富】

このフィールドとうちにある水鉄砲20本を使って水鉄砲合戦がやりたいという人がいれば連絡ください。

場所は新城市作手の道の駅つくで手作り村から車で5分くらいのところ。詳しい場所は予約の際にお伝えします。

貸し出し設備と料金

・フィールド利用3時間
・水鉄砲とバケツの貸し出し
・水道

10名以上で1500円/1人(最低料金15000円)で貸し出します。ここでやってみたいという方がいたらお問い合わせから連絡ください。

ちゃお!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です