愛知県新城市のヤギ市場に行ってみた!競りの動画あり【山羊品評会2017】

どーも。家畜を飼いたい会代表のタカ(@viatortaka)です。

田舎暮らしでやりたいことはたくさんある。野菜を育てたり、家を作ったり、家畜を飼ったり・・・

地方に移住して4年目となり、野菜を育てると家を作るということはやり始めた。さらには鶏やヤギや羊を飼ってみたいと考えていたら、ご近所の方が愛知県新城市では年1回ヤギ市場があるという情報をくれた。

調べてみるとヤギの市場を開催されているのは4つの都道府県しかなく、愛知県、長野県、群馬県、沖縄県。様々な種類のヤギが出品されるのは愛知県、沖縄県だけで、長野県、群馬県は日本ザーネン種のみとのこと。

日本ザーネン種とはスイス原産の乳用種を日本の風土に適するように改良した品で、雌は乳用に、雄は沖縄を中心に肉用として利用される。毛色は白色で、産乳能力が高く、性格は穏やかで人なつっこいことが特徴のようだ。

ヤギを飼ってみたいし、年に1回の貴重なチャンスだし、ご近所さんに誘ってもらえたし、というわけでヤギ市場の視察へ行ってきた。2017年は6月13日。

場所は新城家畜市場で住所が「愛知県新城市上平井210」

行ってみると車が路上まで溢れかえっていた。

坂を上がっていった先の屋根がある場所が会場。

ヤギが数百頭ならんでいた。各ヤギには番号が振られている。

羊もいる。

掲示板を確認すると300頭弱がいた様子である。

競りは落札したいヤギのときに自分の番号を掲げ、支払える価格まで掲げ続ける。これ以上は出せないと思ったところで番号を下げればオークションから離脱したこととなる。その様子を動画で紹介しよう。

一番初めのヤギは5000円で落札されており、そんなもんで買えるのかと思ったら、以後は違った。だいたい価格は10000円~50000円が多く、どれがなぜ高いのかはよく分からなかった。

独立行政法人、家畜改良センター茨城牧場長野支場に市場価格調査があるので載せておく。

愛知県新城市 新城家畜市場
6月12日
雄:27,833円
雌:50,167円

長野県飯田市 三尋石集畜場
7月9日
雄:54,000円
雌:70,400円

群馬県渋川市 渋川家畜市場
雄:32,667円
雌:41,813円

ヤギより前にニワトリかなあ。

家畜は飼うと出かけづらくなるので、仲間が見つかってから始めたいところ。

ゆくゆくは飼いたいのである。

ちゃお!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です