人生で始めてオフ会に参加した。オフ会やばい!

どーも。オフ会あるあるについて調べてしまった会代表のタカ(@viatortaka)です。

このネット時代にオフ会に参加したことある人の割合はどの程度なのだろう?40歳以下くらいだと10%くらいの人は体験しているのかな???

ちなみにオフ会とはオフラインミーティングの略で、インターネットのコミュニティで知り合った人々が現実世界、つまりオフラインで実際に集まって親睦を深めること。ネットで繋がった人(ブログなどで)と現実世界で出会ったことはちょいちょいあったが、コミュニティという形ははじめて。

リアルの繋がりから派生して網の目のようにネットで繋がっていくのがことが多かったし、ネット上のコミュニティに入ることがなかった。しかし今回の件は気がついたらコミュニティというものに属しており、不思議なご縁からリアルで会うことになったのだ。

これがオフ会というやつなのか。。。!!!とオフ会を検索してみると、オフ会あるあるというのが出てきた。「中学生の頃、生まれて初めて行ったネトゲのオフ会の思い出」というのが下のツイート。

オフ会怖い。

ってそんな不思議な会になるわけでもなく、今回のご縁はボードゲーム繋がり。アグリコラという農業ボードゲームにどハマりしており、ネットでもやっている。というより田舎でやる相手もいないので、対戦相手はネットばかり。

わおーん牧場で普段殺り合っている人々とツイッターで繋がり、リアルでやることとなったのだ。

僕以外はみんなハンドルネームを使っており、はいやさんとか、こっとんさんとか、ぽるさんとか、こにさんとか、びんさんとか謎の人ばかり。どんな人かの情報はほぼなく、おそらく男性だろうといったレベル。だが中にはネット上では1年以上の付き合いがある人もいるわけで、不思議な心地であった。

O駅を降りて改札に向かっている最中に、「今日愛知からたかひろさんっていう人が来るんだよね。」という声が聞こえた。

ま、まさか・・・

と声をかけてみるとこっとんさん。こんな顔をした方なのね、と。そして集合場所で見る面々はもちろん初めて見る顔ばかりなのだが、妙に感慨深い。さらに言うならば芸能人に会うファンのような気持ちも混ざる。

今までハンドルネームの字面だけを追っていたけれど、そこに3次元の人間の姿が見えると妙になまめかしい。これからネット対戦するときの感覚も変わるんだろうなと思った。

そんな面々とリアルで戦うアグリコラ。考える時間がたっぷりあるネットとリアルは勝手が違い、厳しい戦いとなった。(※僕はリアルで5人アグリコラをしたのは30戦くらいしかない)

計5戦のの結果は46点1位、59点2位、51点3位、37点4位、41点?位。はじめは集中して取り組めたが4戦目以降は明らかに集中力が切れた。他人の動向を見る余裕なし。東京勢の方々(今回のオフ会仲間)は一日7戦とかがデフォルトらしいので体力が違った。もう一点は夜行バス利用で来て、翌日は午前3時就寝と圧倒的な睡眠不足もあった。とはいえ悔しさが残る。

アグリコラのおすすめ戦略記事。

って僕が昔書いたやつだけど。書き加えられる知見もたまってきてはいるが、細かくなるんだよなあ。

次は是非愛知でオフアグリコラ会やりましょう。

ちゃお!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です