春の風物詩、わらびとウドを採って食べた。ウドチャーハンが意外にウマい!【レシピ】

どーも。田舎暮らしを楽しむ会代表の自然人タカ(@viatortaka)です。

春と言えば山菜。昨日はタケノコ掘りの記事を書いた。記事にはしていないが、アースバックハウスを作っているときにコシアブラ(灯台の芽)とこごみをてんぷら等にして食べている。

本日はわらびとウドを採ってきたことを記しておこう。わらびはおひたしにしたり、うどんやそばに乗せるのが好き。ウドは、、、実は初めて食べた。庭に咲いていることを教えてもらい、興奮して採った。

わらびは田舎を歩けば至る所で見かける。しばらく採っているとわらびが光って見えるようになってきて、どんどん採ることができる。人間の目って不思議。

ウドは近くのスーパーに売ってはいたが、まさか庭にあるとは思わなんだ。草刈りしていなくて良かった。。。

どちらも下ゆでしてあく抜き。わらびはめんつゆと出汁を入れておひたしに。ウドはチャーハンにしてみた。

ウドのチャーハンは完全に創作料理。ウドを細かく刻み、あく抜きをしたタケノコも細かく刻んで一緒にバターで炒めた。そこに昨日焚火でホイル焼きした新玉ねぎも刻んで炊いた米とともに投入。塩と胡椒としょうゆを少々入れ、かつおぶしを振りかけて完成。

なにこれ。めちゃくちゃうまいんですけど!!!

甘みを持った新玉ねぎに、バター醤油の良い香り、タケノコの固めの食感とウドの柔らかい食感が絶妙にマッチ。ウドいいじゃん!!!

今年の山菜もこれでお仕舞いかな。

梅を梅酒にしたり梅干しにしたら、夏が来る。楽しみだなあ。

ちゃお!

北海道産 天然山ウド 1Kg(約5~10本程度) 出荷時期:5~6月
北海道四季工房
売り上げランキング: 67,591

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です