アラサー女子の婚活方法まとめ

どーも。アラサー女子を応援する会代表のアラサー男子タカ(@viatortaka)です。

自分がアラサーとなり、付き合う人間もアラサーが増えた。同世代がアラサーだから当然なのだが、僕らの世代が話すトピックとして「結婚」がある。婚活しているかとか、合コンや街コンに行ってみたけど良い相手が見つからない、結婚相談所を使ってみたよ、婚活アプリでの体験談等々。

アラサー女子の婚活は厳しいなどとネットでは聞くが、僕の周りのガチで結婚願望を全開にした女性陣はどんどん結婚を決めている。それまでの結婚できればいいやから絶対結婚するに意識が変わったとき、行動に覚悟が伴うのだろう。

これだと決めた男性との出会いから1年以内に結婚しているカップルも多く、お互いが結婚を前提にお付き合いを始めると結婚は早い。

そんな中でいくつかの有力な婚活方法が分かってきたのでまとめる。

フェイスブックを利用した無料の婚活方法

まずは誰もがその方法は確かに現実的で良さそうだと言った、フェイスブックを駆使したお金を使わない方法から紹介したい。

端的に書けば、それは相手候補を友人の友人から探すというもの。信頼できる友人に信頼できる男性を紹介してもらうのだ。それに当たってフェイスブックを使う。

実際にあった話で、パートナーを探していたのは奥さん側。奥さんはフェイスブックで信頼できる友人のページに行き、まずは友人男性をひたすら見た。まずはプロフィール写真が好みの人を探し、いいなと思ったらその人のタイムラインをチェック。どういった投稿をしているのかを見て人柄を探る。プロフィール写真だけでなく他の写真も見てみる。

「この人いいな!」という人が見つかったら、友人に紹介してとお願いするのだ。

そのときに友人にもその男性の評判を聞き、可能なら彼女がいるのか、結婚願望があるのか等も教えてもらう。

この方法だと婚活アプリとかは不要で、お金はまったくかからない。実際に結婚に至っているし、間違いのないプロセスである。誰でもできるのに、やっている人はあまりいない。

ちょっと考えてみると、この方法のメリットがたくさん思い付く。

・出会うまでにお金がまったくかからない。
・信頼できる友人の友人なので安心感がある。(友人に紹介を頼む段階で結婚にふさわしくない相手だったら友人が止める)
・顔が好みである。
・性格や趣味や人柄などが普段の投稿によりなんとなくわかる。
・その人の友人もチェックできる。
・騙そうとか悪意が向けられる可能性が非常に少ない。(お互いが出会いを求めている場ではないため)
・女遊びがしたい、身体目当てといった可能性が非常に少ない。(女性から声かけしているため)

フェイスブックに友人が数十名いれば、友人の友人となると数百名はいるだろう。指数関数的に増えるので、数千名いても不思議はない。それだけの数の中から選ぶことができるのだ。しかも相手に知られることなく勝手にチェックできる。

なんと理にかなった方法なのだろうか。

もちろんデメリットもある。

・相手にパートナーがいるかもしれない。
・その人が結婚を望んでいないかもしれない。

暇つぶしに友人の友人男性を眺めているだけでもいいし、かなり良い方法だと思う。お金がかからないのが素晴らしい。急がば回れというが、最終的にはこの方法はそれなりに効率的な気がしている。

合コン街コンよりは紹介、そしてフェイスブックアプリ

合コンや街コンで出会いを探すのは敷居が低いためか、頻繁に聞く。しかし今のところ良い結果を聞いたことはない。結局のところ良い男性に出会えないと愚痴られる。そんなことを繰り返しているときに、友人にいい人を紹介してもらって交際開始。そしてゴールインのパターンの方を耳にするので、現実的には数より質だということだろう。

さらに最近多いのがフェイスブックアプリのペアーズ。これを使っている友人やこれで結婚に至った友人は多数。男女ともに使っており、自分には合わなかったという人もいるが、それで結婚した友人もいる。活発で日常に出会いが多い女性友人でも、そこで出会った男とは友人になってしまいがちだということでペアーズを始め、良き伴侶を見つけていた。

以前に友人がペアーズで結婚していくといった内容のエントリーを書いたときに、私が登録してペアーズのレポートしてくれた女友達がいた。その子のレポートによると思った以上にスペックの高い男性が登録しており、日常に出会いがないからペアーズを使うというわけでもなさそうだと。確かにそれは僕の周りの友人を見ていても感じること。

本気で結婚しにいく人はいろいろ試しているのが現実なのだろう。ペアーズに関しては女性は無料だし登録して使ってみるのはアリだと思う。

最後に結婚相談所について。結婚相談所は高価だからか利用したことのある友人のサンプル数が少ない。みんなやっぱりお金のあまりかからないところから手を出すし、結婚相談所に辿りつくのはお金を持っていてガチな層。

使ったことのある女友達から聞いた話だと、男性もかなりガチで比較的所得が高い人が登録をしていたり、親がお金を持っていそうな感じだったという。その子が会った人は友人少なめの真面目仕事人間で、それはそれで可能性はあったらしい。

自分の時間をどこに振り分けるか

アラサー婚活女子は焦りを見せたらダメだと言う。焦ることなくしたたかに婚活をしていく。手法は1つに絞るのではなく、いろいろやっている子が結果を出している感じ。結婚が決まると「実はあれもこれもやったことがあって」と実話が出てくる。真っ最中は焦りは出さないんだよね。

つまるところ限られた時間をどこに振り分けるか。

冒頭に書いたフェイスブックで友人の友人から探すという方法もあれば、フェイスブックアプリのペアーズも同時にやってみるといいだろう。僕の周りだとあまり成果は出ていないが、街コンや合コンもある。

結婚相談所だとパートナーエージェントが「婚活EQ診断」なるものをやっており、登録後3ヵ月以内に双方が合意にならなかったら全額返金保証をしてくれるようだ。

希望する相手の職業が明確なら、その職業の男性と出会える婚活サイトも充実している。例えば自衛隊ブライダルとか。

こんな良い方法もあるよ!って方がいたら教えてください。

ちゃお!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です