いじめられる側に原因があるという考え方を持つ人に読んで欲しい指摘(はるかぜちゃん)

どーも。いじめられたら逃げればいいと思っている会代表のタカ(@viatortaka)です。

キューバでたまたま日本人らといじめついて話が盛り上がったことがある。そのときは年代も別の男女3名で、過去にいじめられていたわけではない。しかし最終的な結論は、いじめは割と運ゲーだよねという見解。人生10回くらいやったら2、3回くらいはいじめられそうだけど、今回の人生では当たらなかっただけ。

もちろんその人の特性やらはあり、例えばジャイアンみたいな性格だったらのび太よりはいじめに合う確率は減るんだろうけど、ジャイアンですらいじめられてもおかしくない世の中だと思う。

学校と部活で同じ人らとばかり付き合う構図がいじめを生みやすいのではないかとか、そういったいじめを減らす話もしたし、いじめに合ったら逃げるべきだとか話していたんだけど、今回はそれに付随する唸らされた指摘。

2001年生まれ15歳のはるかぜちゃんによるツイッターの一連のつぶやきに考えさせられたので共有しておきたい。いじめられる側にも原因があるよねと思っている人には特に。

はるかぜちゃんってほんと15歳なのって思うような鋭いこと書くのよね。漫画とかによくある、大人になったあとに過去に戻ってきて人生やり直しているというパターンなんじゃないかと感じるくらい。

いじめなんてなくなればいいのにって思うけど、大人になっても陰湿な形であるからなあ。ほんとしょーもない。

ちゃお!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です