ミステリウム(Mysterium)のボードゲームレビュー:霊能力者が幽霊と協力して犯人探しをする異色ゲーム

どーも。アナログゲームをレビューする会代表のボードゲームマスター「タカ(@viatortaka)」です。

「あなたは霊能力者です!真犯人を霊能力で見つけてください!」

物語はここから始まる。殺人事件容疑者、犯行現場、凶器を導き出すのがあなたの仕事。殺人事件の被害者となった幽霊役のプレイヤ−1人と相談しながら真犯人を見つけるのが目的である。

コミュニケーションのゲームで、みなで真犯人を見つけられればよし。そうでなければ残念といったプレイヤー間の勝ち負けはないゲーム。そういう意味においてはパンデミックに通じるものがある。

幽霊役は真相を知っているが話すことができない。そのイメージカードを霊能力者に手渡して推理(霊能)してもらうのだ。

ミステリウム(Mysterium)のボードゲームレビュー:霊能力者が幽霊と協力して犯人探しをする異色ゲーム (3)

幽霊から渡されたカードの意味を霊能力者たちで汲み取り、殺人事件容疑者、犯行現場、凶器を暴く。そのコミュニケーションを楽しむわいわい系ゲームである。

あーだこーだいいながら幽霊の思惑を察していくのが盛り上がる。話して楽しむボードゲームを探している方におすすめ!

プレイ人数:2~7人
プレイ時間:40分
対象年齢:10歳以上

最後におすすめボードゲームランキングの紹介。

おすすめボードゲームをランキング形式で35個選んでみた!【2015年版レビュー】

ちゃお!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です