ファンデーションの原料「セリサイト」が採れるのは日本で東栄町のみ!手作りコスメティック体験できるよ【naori なおり】

どーも。東栄町を応援する会代表の地域おこし協力隊のタカ(@viatortaka)です。

僕は愛知県新城市(しんしろし)で地域おこし協力隊をやっている。その奥には東栄町、設楽町、豊根村があり、この4市町村を合わせて奥三河と呼ばれる。奥三河という括りがあるためか、そのご縁で奥三河の協力隊とは知りあう機会が多い。

SOTOKOTO(ソトコト)の2016年7月号を読んでいたら、東栄町の元地域おこし協力隊の大岡千紘さんことちーちゃんが取り組んでいるコスメティック体験ツアーが特集されていたのでテンションがあがった。

ファンデーションの原料「セリサイト」が採れるのは日本で東栄町のみ!手作りコスメティック体験できるよ【naori なおり】

東栄町が誇る美女。。。といっても移住者だけど。

昨年まで地域おこし協力隊をやっていたちーちゃんは任期後も東栄町に残った。そして取り組んでいることの1つがコスメティック体験を提供する”naori なおり”である。

ファンデーションの原料「セリサイト」が採れるのは日本で東栄町のみ!手作りコスメティック体験できるよ【naori なおり】 (4) ファンデーションの原料「セリサイト」が採れるのは日本で東栄町のみ!手作りコスメティック体験できるよ【naori なおり】 (6) ファンデーションの原料「セリサイト」が採れるのは日本で東栄町のみ!手作りコスメティック体験できるよ【naori なおり】 (8)

東栄町にある三信鉱工株式会社は2016年現在、日本で唯一のセリサイト(別名・絹雲母)という鉱物を採掘している。そのセリサイトはファンデーションの原料で、昔ながらの手法により採掘された東栄町のセリサイトは品質の高さから奇跡のパウダーとも呼ばれる。

そのセリサイトは世界のコスメティック市場へ供給され、トップシェアを誇っているようだ。その美の原産地とも言える東栄町でコスメティック作りの体験を提供するのがnaori。ちーちゃんはそこでビューティーツーリズムnaoriを立ち上げたのだ。

ビューティーツーリズムnaori なおり

naoriのコスメティック体験プログラム(公式webサイト)

ファンデーションの原料「セリサイト」が採れるのは日本で東栄町のみ!手作りコスメティック体験できるよ【naori なおり】 (1) ファンデーションの原料「セリサイト」が採れるのは日本で東栄町のみ!手作りコスメティック体験できるよ【naori なおり】 (2) ファンデーションの原料「セリサイト」が採れるのは日本で東栄町のみ!手作りコスメティック体験できるよ【naori なおり】 (3)

画像のキャプチャを張ったが、例えばセリサイト鉱山探検やミネラルパウダーファンデーション作りがある。

セリサイト鉱山探検

セリサイト採掘鉱山の歴史や仕事について学びながら見学します。稼働中の手掘りの鉱山を見学できるのは日本でここだけです。(土・日曜日鉱山定休)
料金 3,000円(税別)
所要時間 90分
受入人数 4人から

ミネラルパウダーファンデーション作り

東栄町で採れたセリサイトを使って、肌触りなめらかな艷やかミネラルパウダーファンデーションを作ります。
料金 3,000円(税別)
所要時間 90分
受入人数 2人〜20人

手作りコスメティックはその日の気分、お肌の調子に合わせて、思いのままに作ることが出来ます。料理をするようにコスメティックを作る楽しみを知ることで、あなたの生活はより豊かになることでしょう。「naori なおり」では、自然に恵まれた東栄町生まれの天然素材にこだわり使用します。良質なセリサイト、きれいな空気と水で育った植物たち。コスメティックに興味がなくとも、それらを感じながら手作りをすることになんだか胸がときめきませんか?

体験のご予約・お問い合わせ先についても紹介しておこう。

体験のご予約・お問い合わせ先

TEL:
0536-76-0502(平日9:00〜17:00 受付)
090-3727-9310(担当者直通)

Email:naori.toei@gmail.com

体験場所:東栄町体験交流館 のき山学校
教室使用料:無料。学校定休日の水・木曜日は教室使用代1,000円。

※体験場所について、その他ご希望の場所などありましたらご相談ください。
※現地集合・現地解散となります。
※体験料には、講師料・材料費・容器代が含まれています。

美に興味がある女性におすすめ

興味関心があると、ルーツを辿りたくなる。

僕は食に関心があり、気が付いたら野菜を育て始めた。梅がなっていれば梅酒にしたり梅干しにするし、ルバーブをもらったからジャムにしたりと既製品を買うだけでなくなってきた。

肉方面だと魚を突いて獲って捌いたり、狩猟免許を取って鹿や猪を解体したり、はたまた肉を燻製にしてみたりといろいろ自分で試みるようになった。

つまりは口にするものの原点を追い求めている。

それが興味関心の行きつくところだと思う。

僕は美への興味関心は薄いけれど、女性は美への関心が高い人は多いはず。自分がふだん使っている化粧品などがどのようにできあがるのか。そういったことが気になるなら東栄町に行ってみるのはいいのではないか。

日本で唯一の原料がとれる町というとそそられるよね。そこでオリジナルカラーのチーク&アイシャドウを作ったりさ。

では最後にちーちゃんとnaoriが載っていたソトコロと自然素材で手づくり化粧品の本を紹介する。

一度くらい行ってみたいが、男1人で行く勇気はなし。

ちゃお!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です