【どやばい村プロジェクト報告3】イベント最終日は、やばいプラン発表とやばいピザ作り

どーも。やばい村が新城に欲しい会代表の自然人タカ(@viatortaka)です。

どやばい村プロジェクトは3日目に突入した。2日目がオールナイトセッションとなったので、寝ずに朝を迎えた。アドレナリン全開である。

県民の森で朝食を食べたあとに今回のプラン発表の場である鳳来東小学校に移動。校長先生の好意で体育館を貸していただいた。本当に有り難い。

やばいプラン発表

いよいよプラン発表である。6チームのどんな案が出るのかわくわくしていた。

【どやばい村プロジェクト報告3】イベント最終日は、やばいプラン発表とやばいピザ作り (2)

会場入りしてもどのチームも最後まで詰めを行っていた。

【どやばい村プロジェクト報告3】イベント最終日は、やばいプラン発表とやばいピザ作り (1) 【どやばい村プロジェクト報告3】イベント最終日は、やばいプラン発表とやばいピザ作り (2)

・どやばい戦国合戦村
・仮想現実(RPG)村
・どやばいジュニア育成PJ村
・どやばいキャンプ村
・新産業創出のわくわくシティ
・どやばく世代を繋ぐ村

といった提案がなされた。真剣な表情で話を聞いていた地域住民の顔が印象的で、多くの方が詰め掛けてきてくれたことが嬉しかった。

発表の後に市長、区長、副区長、地権者様からコメントをいただき、清水麻衣ちゃんに作ってもらったダイジェスト動画を流す。市長が涙していたことが心に残った。

ムービーを流したあとに実行委員長として締めくくりとして僕が話した。正直、何を話したのか覚えていない。

【どやばい村プロジェクト報告3】イベント最終日は、やばいプラン発表とやばいピザ作り

思ったことを口にしただけでここまでスラスラと言葉が出てきたのは初めてだった。謎解きイベントなど今まで様々なところで一緒に企画を行ってきた白頭君にも、普段は必要最低限しか話さないのに長く話をしていて驚いた、と言われた。何をどれだけ話したのだろうか。自分でもびっくりの体験となった。

やばいプラン発表360度動画@新城市 – Spherical Image – RICOH THETA

最後に撮影。

上の写真は360度映る全天球カメラ「THETA(シータ)」による撮影なので、ぐりぐりと動かせる。下の写真は「川合地区サイコー!」と叫んだ写真。会場は一体感で包まれていた。

【どやばい村プロジェクト報告3】イベント最終日は、やばいプラン発表とやばいピザ作り (1)

やばいピザ作り

発表が終わった後に”やばいピザ作り”を行った。石窯、レンガ窯、ドラム缶窯、段ボール窯を窯から作るピザ作り。窯から作るところにやばさを籠めた。

発表で終えるのがイベントとしての閉じ方は美しいが、今回は発表のあとに交流の時間を設けたかった。違うチームの仲間が考え抜いた案を聞き、それを話す時間を作りたかった。そこからまた何かが生まれるかもしれないと信じた。

ミッションは終えており、すがすがしい様子でピザ作りをしていたことが心の景色に残る。おつかれさま、と声をかけたくなるはしゃぎようであった。

20160321 たけやり写真_8595

東栄町の地域おこし協力隊の石窯ピザ名人、池田啓さんのピザ作りレクチャー。この石窯も参加者で設置した。

【どやばい村プロジェクト報告3】イベント最終日は、やばいプラン発表とやばいピザ作り (2)

レンガ窯設置!

【どやばい村プロジェクト報告3】イベント最終日は、やばいプラン発表とやばいピザ作り (7)

ドラム缶窯設置!

【どやばい村プロジェクト報告3】イベント最終日は、やばいプラン発表とやばいピザ作り

段ボール窯設置!どやばい!!

【どやばい村プロジェクト報告3】イベント最終日は、やばいプラン発表とやばいピザ作り (8)

やばいピザ作り360度動画@新城市  – Spherical Image – RICOH THETA

【どやばい村プロジェクト報告3】イベント最終日は、やばいプラン発表とやばいピザ作り (3) 【どやばい村プロジェクト報告3】イベント最終日は、やばいプラン発表とやばいピザ作り (4) 【どやばい村プロジェクト報告3】イベント最終日は、やばいプラン発表とやばいピザ作り (5) 【どやばい村プロジェクト報告3】イベント最終日は、やばいプラン発表とやばいピザ作り (6) 【どやばい村プロジェクト報告3】イベント最終日は、やばいプラン発表とやばいピザ作り (9) 【どやばい村プロジェクト報告3】イベント最終日は、やばいプラン発表とやばいピザ作り (2) 【どやばい村プロジェクト報告3】イベント最終日は、やばいプラン発表とやばいピザ作り (3) 【どやばい村プロジェクト報告3】イベント最終日は、やばいプラン発表とやばいピザ作り (4) 【どやばい村プロジェクト報告3】イベント最終日は、やばいプラン発表とやばいピザ作り 【どやばい村プロジェクト報告3】イベント最終日は、やばいプラン発表とやばいピザ作り (1) 【どやばい村プロジェクト報告3】イベント最終日は、やばいプラン発表とやばいピザ作り (5)

どやばいプロジェクトを終えて

こうしてどやばいプロジェクトは終了を迎えた。暖かい風が吹いていた。

今回のイベントでは非常に多くの人に助けられた。スタッフ、参加者、地域の方々、そして応援してくれた人々。春の兆しが見え隠れする時期に、イベント初日の天候はどしゃ降りの雨からの晴れ。晴れどころの騒ぎではなく快晴となった。天をも味方につけるとはまさにこのこと。

寒さや雨対策も考慮に入れながらの準備だったが、参加者が暑いと言いだす始末。そんな良い意味での裏切られ方をしたところからイベントがスタートした。

前半部では怪我や事故がない上で、いかに楽しんでもらいつつ、良い案が出るようなインプットをしてもらうか。企画者側はそこに注力した。

後半部では楽しく話し合ってもらうことがわくわくする案が出るための必須条件だと考えていた。提案される内容は企画者側にはどうしようもないため、ストレスなく議論がなされるように配慮した。

それしかできないことがもどかしいと同時に、どんなプランが発表されるのかが楽しみで仕方なかった。

市長、区長、地域住民の方々が見守る中でのプラン発表。段階の成否は、もはや企画者側の手を離れていた。僕らも聴衆の1人となった。

面白いプランが発表された、と僕は思う。地域の方々の真剣な表情を見ても、同じ意見だと感じたし、アンケート結果もそれを表している。それは1つの成功と言えるが、その案が実現されていくかが今後問われるだろう。

言い方を換えれば、どやばい村プロジェクトを2泊3日のイベントと捉えると”良いイベントであった”となる。しかし、どやばい村をこれから実行していくとなると、まだ”第一歩目を歩み出した”に過ぎない。

どうなるのか。どうするのか。

地域の方々、参加者、行政、僕。改めて書くが、問われるのはこれからである。何かしら形にしていきたいと思う。

最後にバス移動の秘蔵写真。

【どやばい村プロジェクト報告3】イベント最終日は、やばいプラン発表とやばいピザ作り (4)

どやばい村バス360度動画@新城市 – Spherical Image – RICOH THETA

駅でのお別れジャンプ!

【どやばい村プロジェクト報告3】イベント最終日は、やばいプラン発表とやばいピザ作り (3)

参加者のみなさん、地域のみなさん、スタッフのみなさん、応援してくれた方々、ありがとうございました。

どやばい村が始まるのはこれからです。

よろしくお願いします。

ちゃお!

House Caravanの佐藤翔平くんのブログ記事

3週間我が家に泊まり込みで手伝ってくれた翔平くんもスタッフ側目線でのブログ記事を書いてくれている。僕とはまた違う切り口なので紹介しておく。

House Caravan in 新城!!「どやばい村 滞在開始!! 」
House Caravan in 新城!!「どやばい村 滞在二日目!! 」

リコーの全天球カメラ「THETA(シータ)」

途中に出てきた360度ぐりぐり見れるカメラはリコーのシータ。現時点(2016年4月)の最新バージョンRICOH THETA S 360°全天球カメラで撮影している。はっきり言っておすすめ!!!

今なら持っているだけで人気者になれるよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です