兼六園・金沢城・金沢公園の桜がきれいすぎたので、360度映る全天球カメラ「THETA(シータ)」で紹介しておく!

どーも。日本の美しい桜を探す会代表の自然人タカ(@viatortaka)です。

金沢が気になっていた。というのはロンリープラネットJAPANで一押しスポットとして紹介されているからである。

ロンリープラネットは旅のガイドブックで、世界版の地球の歩き方と言ってよい。海外をふらふらしているとロンリープラネットを持った人には必ず出会うくらいのガイドブック大手で、その普及やすさまじい。

自転車世界一周から帰国したあとに、ふとロンリープラネット日本を見た。外国人にどのように日本が紹介されているのか気になったのだ。

冒頭の旅のモデルコース含めて金沢推しは想像以上で、改めて金沢に着目した。インバウンドが盛んに叫ばれている今、そして新幹線が開通した今、金沢を自分の目で見てやろうと思った。

そうして自転車日本一周以来の金沢旅になったのである。

金沢は自然人倶楽部の後輩に案内してもらった。彼曰く、すごいタイミングに来たという。晴れの日が少ない金沢で”桜が満開+晴れ”という希少な日に訪れたとのこと。実際、金沢の桜は美しかった。

兼六園、金沢城、金沢公園という金沢に来たら誰もが訪れるであろうポイントは、どこもかしこも桜が咲き誇っていた。兼六園以外はめちゃくちゃに人が溢れていることもなく、ゆったりと楽しめるのは非常に良い。無料開放されており、夜はライトアップされていた。至れり尽くせり。

今回はその桜をリコーの全天球カメラ「THETA(シータ)」で撮った。360度カメラの破壊力は抜群である。

兼六園

兼六園の桜 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

兼六園夜の桜ライトアップ – Spherical Image – RICOH THETA

金沢公園

金沢城公園の桜 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

金沢公園の桜ライトアップ – Spherical Image – RICOH THETA

金沢城

金沢城桜2 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

金沢城と桜ライトアップ – Spherical Image – RICOH THETA

夜の金沢城ライトアップ – Spherical Image – RICOH THETA

あえて二次元は載せず。当記事は三次元でお楽しみあれ。

ちなみにシータは現時点(2016年4月)の最新バージョンRICOH THETA S 360°全天球カメラで撮影している。はっきり言っておすすめ!!!

インバウンド興味ある方はロンリープラネットJAPANは必読だと思う。

ちゃお!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です