エイプリルフールネタの謝罪と反省

2016年4月1日のエイプリルフールに嘘の記事を書いた。その記事により多大な迷惑をおかけしたので、記録を残しておく。

そのエイプリルフール記事は嘘である証拠として残しておこうかと考えたが、今後も迷惑のタネとなる可能性があるので削除することにした。

そのエイプリルフール記事内容は「テラスハウスやります」というもので、テレビ番組のテラスハウスと、寺に住むと書いてテラス(寺住)ハウスをかけた。そこに住人を募集します、という内容である。

紹介するにあたって事前にお寺の住職の方に許可を取った。そこはとても素敵な場所で、愛知県新城市にはこんな良いところがあると伝えたい意味もあり、名称と写真を載せた。4月1日に記事を書き、16時05分に世に公開した。

4月1日には例年エイプリルフールネタ記事を書いており、去年、一昨年と4月2日にエイプリルフールのタネ明かしをしている。今年も同じようにしようと考えていた。住職の方に許可を取ったし、それで大丈夫だと思っていた。

しかし、この時点で大きな問題をはらんでいた。

正直に書くと、住人の方のことを失念していた。そこに住んでいる方にどういった影響があり、どんなことを感じるのか考えていなかった。なぜそこに考えが至らなかったのかを思うと反省と申し訳ない気持ちでいっぱいなのだが、まずは出来事の経緯を書く。

4月1日の夜に住人の方から第一の連絡があった。しかし、多大な迷惑をかけているという事の重大さを認識したのは4月2日の朝6時である。そこへの気づきも遅かったと言わざる負えない。

すぐにブログ記事を修正し、エイプリルフールネタであることを公表。住職の方に相談をし、住人の方に謝罪の電話をしたい旨を伝えてもらった。

幸いにも電話で連絡を取ることを許していただき、文章ではない方法で謝ることができた。それが4月3日の午前である。

以上が僕目線での事の経緯である。この件について謝罪させて下さい。

配慮のないブログ記事でご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。住人の方だけでなく、その周りの方々も含め、気分を害した方も多かったはずです。ごめんなさい。

また、住職の方や、間を取り持って下さった方、相談に乗ってくれた方々にも大変感謝しています。僕一人ではどうしようもありませんでした。

ネットでの情報発信は取り返しのつかない問題を生む可能性をはらんでおり、そのリスクを背負っていることを改めて認識しました。反省しております。

誠に申し訳ありませんでした。

今回の件で自分にブログを書き続ける資格があるのかを問われていると感じた。

1:29:300のハインリッヒの法則がある。それをブログに置き換えると、今回のような1つの迷惑をかける大きな問題が露呈する裏には、29の迷惑をかけている問題があり、300の不快な思いをさせている問題が隠れている。

2009年から書き続けているブログは1760記事を積み上げた。今回のような問題は初めてだが、その裏には僕が気付いていないたくさんの問題があったのだろう。

これでも自分なりに気を使って書いてきたつもりだが、今後、至らない点を完全になくせるとは思えない。いくら気をつけても、書き続けていればまた今回のような問題が起きてもおかしくないと思える。

気持ちの整理はついてないし、ついてからでないとブログは書かないと宣言するつもりもないけれど、感じたことを素直に書いておきたくなった。

改めて、ご迷惑をかけて申し訳ありませんでした。ブログに限らず、さまざまなことに配慮できる人になれるよう精進します。読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です