takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

思考

消費活動より生産活動に面白みを感じる人が田舎暮らしに向いている

投稿日:

どーも。田舎暮らしを楽しむ会代表の自然人タカ(@viatortaka)です。

田舎はつまらない、と言う。田舎には何もない、と言う。

果たしてそうなのだろうか?

東京で暮らしていたことがあった。東京には何でもある。ありとあらゆる娯楽や物が揃っている。カラオケで歌う、美術館に絵画を観に行くなど、消費をしたい人にとっては天国。そういった人は都会暮らしが合っている。

消費活動ではなく生産活動に面白みを感じる人もいる。というよりも多くの人はどちらにも面白みを感じるのだが、その比重は人によってまちまち。それでも自分で面白みを作っていきたいと感じる人にとって、東京などの都会は不便なときがある。

カラオケや美術館の対比で書けば、家で歌を歌えば苦情がくる。絵を書くにも窮屈な空間。どこで何をやろうとしてもお金がかかる。自由がない。

田舎はどうだろうか。家で楽器を奏でながらみんなで歌を歌ったり庭でBBQをしたりとちょっとした工夫ができるならば、そこはぐっと面白くなる。「こうやって楽しんでくださいね」という与えられた娯楽ではなく、「こんな風にやったら楽しいよね」という感覚。それらを気軽にできる自由がある。

田舎の最大の特徴は空間があること。

東京(都会)は狭い。限られた空間を多くの人で使っているため、1人あたりの場所が圧倒的に狭い。広い部屋にすれば家賃が大幅に上がる。不要なものは捨てていくことになる。

それに対して田舎は広い。使わないものでも空いているから置いておけばいいやという話になる。それは土地やそこから生まれる木々(自然)といったものも含まれる。

空間があり物がある。余っている。そういったスペースや自然があるから、ここで何かできるのでは?これで何か出来ないかという発想が生まれる。そこで何かがしたい人や何かをできる人にとって、田舎がつまらないということはない。何もないと感じることなどなく、むしろ宝の山。

娯楽施設は何もないが、娯楽だらけなのだ。

「こうやって楽しんでくださいね」という型にはまった消費活動ではなく、「こんな風にしたら楽しい」という生産活動に面白みを感じる人には田舎暮らしが向いている。

田舎は圧倒的に自由だと思う。

ちゃお!

336×280

336×280

-思考

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

時代はシンプルライフ!物を持たない暮らしをする僕の考え方

どーも。2014年4月に地方に移住した自然人タカ(@viatortaka)です。 断捨離という言葉がここ数年流行っている。断つ、捨てる、離れるという文字の組み合わせ。不要なモノを減らし、生活や人生に調 …

人生の連続性と目標設定:「今を楽しむこと」と「将来のための投資」のバランスについて

わくわくパンダさん日記の「人生の連続性と目標設定について」という記事を読んだ。 ・人生の連続性と目標設定について 突き刺さる内容だったので、まずは紹介したい。 おじさんになると、自分が社会人だから、社 …

2006年に作った「人生でやりたいことリスト100」を偶然見つけたので、結果を晒してみる

部屋の整理をしていたら、2006年頭に作った「やりたいことリスト100」が出てきた。それを確認して生きてきたわけではなく、すでに忘れ去られていたもの。今更ながら、どうなったかをチェックしてみる。 7年 …

やりたいことをやるための時間を作る方法

「やりたいこと(夢)を前倒しにすべきたった1つの理由」なんていう記事を昨日書いてしまったので、それに付随するネタ。やりたいことを前倒しにするといっても、時間がないよ!という場合。 忙しく過ごしていると …

[買い物に時間がかかる決断力がない人へ]モノを選ぶ時間を大幅に短縮する方法

世界はモノであふれている。 何かが欲しいと思ったとき、とてもじゃないがすべてを詳細に調べられない。一日24時間しかないのに、選ぶという行為に時間をかけていたら人生が終わってしまう。 買ったあとに使うこ …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。