名古屋ボードゲームフリーマーケットに行ったら中学高校の同級生が「きょうあくなまもの」作成・販売しておりびっくり!

どーも。アナログゲームを普及する会代表のボードゲームマスター「タカ(@viatortaka)」です。

第三回名古屋ボードゲームフリーマーケットに行った。東京ゲームマーケットには行ったことあったが名古屋は初。

東京ゲームマーケット2014秋に参加!アグリコラ理論買ったよん

名古屋ボードゲームフリーマーケットに行ったら中学高校の同級生が「きょうあくなまもの」作成・販売しておりびっくり! (1)

東京と比べると規模は随分小さいが会場はにぎわっていた。

名古屋ボードゲームフリーマーケットに行ったら中学高校の同級生が「きょうあくなまもの」作成・販売しておりびっくり! (2)

ふらふらしながら様々なボードゲームを物色。ドイツではボードゲーム制作者は作家と呼ばれる。ボードゲーム作家の方々の話を生で聞けたりして面白いと思っていた。その中でどうも見覚えのある顔の男性がいた。どこで見たんだろう・・・

そして判明する。なんと中学高校のときの同級生だったのだ!!!一度も同じクラスになっていないのでピンと来なかったが、まさかこんなところに同級生がいるとは。びっくり仰天である。

後に相手も僕のことを見覚えあると思っていたようで、名前から確認し合った。世界は狭いというか、どこへ行っても誰かと繋がるもんだな。

名古屋ボードゲームフリーマーケットに行ったら中学高校の同級生が「きょうあくなまもの」作成・販売しておりびっくり! (4)

彼は「きょうあくなまもの」「開拓王」の作成者。奥さんと共に作っており、お子さんも連れてきていた。ボードゲーム家族じゃないか!!!

名古屋ボードゲームフリーマーケットに行ったら中学高校の同級生が「きょうあくなまもの」作成・販売しておりびっくり! (5)

支援するしかないと思ったので、「きょうあくなまもの」を即買い。早速遊んでみたところシンプルな割に奥深く、しばらく楽しめそう。面白い2人ゲームは貴重なので感謝。

「きょうあくなまもの」は16枚のカードを使い、短い時間で手軽に楽しめる2人用カードゲームだ。
プレイヤーは魔術師となって、手札のカードを駆使して戦い、先に相手のライフを0にしたプレイヤーが勝者となる。
カードの使い方やカウンターチップを使うタイミングなど、考えどころや悩みどころが多く、何度も違う展開で遊べるだろう。
手軽に思考性の高いゲームをプレイしたい方、ドキドキするバトルをしたい方、カードコンボが好きな方などにおすすめのカードゲームとなっている。

プレイ人数:2人用
プレイ時間:10分
対象年齢:10歳以上

2人用ゲームはバトルラインと宝石の煌きをよくやるけど、そのラインナップに喰い込むかな。

もう1つ置いてあった開拓王も気になった。

このゲームは、プレイヤーが地形タイルを引くことでそれぞれ自分の領土を開拓していくゲームだ。そして、タイル上で資源を生産し、建物を得たり、都市で消費したりして領土を発展させていく。A6サイズの小さな箱に2人から4人でしっかり楽しめるゲーム内容。初めてでもわかりやすく、待ち時間のないルール。一度やってみるともう一度やりたくなること間違いなし!

プレイ人数:2~4人用
プレイ時間:30分
対象年齢:10歳以上

僕もボードゲームが作ってみたいと考えていたので大いに刺激を受けた。彼がボードゲームを遊び初めてから制作する側に回ったのが3年目くらいと言っていた。ちょうど今の僕がそんくらいなんだよなあ・・・

く~~~~。

2016年に1つくらい作りたくなった。

ではでは最後におすすめゲームエントリーの紹介。

おすすめボードゲームをランキング形式で35個選んでみた!【2015年版レビュー】

ちゃお!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です