自分の人生を歩む覚悟

どーも。楽しく生きる方法を研究する会代表の人生満喫侍タカ(@viatortaka)です。

こんなことを思ったりしないだろうか?

転職してみたい。海外で働いてみたい。旅に出たい。夢だった○○をしてみたい。

でも・・・

今の生活を捨てたら収入も下がるし、次の仕事見つかるか分からないし、なんだんかんだ言って「それなりに」楽しいし。

そうやってもやもやしたまま時間は過ぎていく。もっと若いときに挑戦しておけばと思ったりする。

あ~、このまま人生終わっちゃうのかなぁ。

・・・

よく考えて欲しい。

5年後のアナタから見れば若いときとは「今」なのである。人生とは今の連続であり、今の積み重ねでしかない。言い訳をしている場合ではないのだ。

なにかやるのに遅いということはなく、今やるべきである。そうやって生きてきた人は、もっと早く始めておけばなどと言うことはなく、目の前のやりたいことに次々と挑戦していく。

今を生きる人と生きない人で何が違うのか。

それは覚悟だと思う。

会社を辞めて自転車世界一周に出ると決めたとき、「勇気あるね」と言われた。どちらかというとそれは勇気ではなく覚悟で、自分の人生に責任を持つ覚悟である。

己の選択にすべての責任を引き受ける覚悟。世間ではそうだからとか、みんなそうしているからとか、そういったものを金繰り捨てて自分で判断を繰り返していかなければならない。

世間的に当たり前といわれる選択をしていくのは楽だ。それなりに心地よく生きられるようになっている。そこから一歩外れると道を切り開いていく必要がある。

だからこそ自分の頭で考えるようになるし、後悔のない道を歩もうとする。

周りを見渡してもらえれば分かるが、そういった人の方が輝いているだろう。実はそれこそが生きるとことのような気さえしている。みんな自分の人生を自分で決めて歩みたいのだ。

覚悟が決まったとき、驚くほど人生が変わってびっくりするだろう。そこにある景色は同じはずなのに、見える景色がまったく違うことに愕然とするだろう。自分の視野が、自分が考えていた可能性が狭かったことに驚愕するだろう。

それが新しい人生の始まりなのだ。

みなが楽しく生きられますように。一人でも多くの人が自分の人生を歩めますように。そんな人たちで溢れていたら、そこは間違いなく幸せな世界。

そんなことをふと思う秋なのでした。

ちゃお!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です