課題発見力を鍛えるだって!?田舎に来ればそんな能力は不要!

どーも。問題発見力の研修を受けようと思ったことがある会代表の自然人タカ(@viatortaka)です。

かつてビジネス書を読み漁っていた時期がある。やりたいことだらけの今は実用書を読むことが増えた。

それはさておきビジネス書に今の日本社会では課題発見力が大切だと書いてあった。ビジネスとは世の中の課題を解決して対価をもらうことだが、成熟した社会では人の基本的な欲求は満たされている。よって目視できない課題を探しだして解決しなくてはビジネスが構築できない。

なるほどねえ、と当時頷いた。そして田舎に引越して気付く。課題だらけじゃん、と。

農業、林業、獣害、高齢化、少子化、人口減少・・・

永遠に続きそうなくらいに問題は山積みで、それらを解決する新たな手法が求められている。課題発見力とかいらないよ。そこいらのおじいちゃんおばあちゃんに聞けば課題を山ほど教えてくれるよ。

そんなわけで私は問題解決能力はあるんだけど、問題発見力がないからビジネスが興せないなんて思っている方がいれば田舎に来ればいい。そこらじゅうに問題が落ちているから。やったね!

ちなみに問題解決のおすすめ本として「問題解決プロフェッショナル」を多くの人に薦められる。読むのつかれるけど。

新版 問題解決プロフェッショナル
ダイヤモンド社 (2015-01-19)
売り上げランキング: 7,154

個人的には人の欲求について学ぶのがいいのではないかと。マズローの欲求5段階説という人間の基本的欲求を低次から述べたもの。

・生理的欲求(Physiological needs)
・安全の欲求(Safety needs)
・所属と愛の欲求(Social needs / Love and belonging)
・承認(尊重)の欲求(Esteem)
・自己実現の欲求(Self-actualization)

どの段階の人をターゲットにするのか考えるときに使えるはず。

完全なる人間―魂のめざすもの
アブラハム・H. マスロー
誠信書房
売り上げランキング: 85,082
完全なる経営
完全なる経営

posted with amazlet at 15.05.02
アブラハム・マズロー
日本経済新聞社
売り上げランキング: 7,938

ちゃお!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です