趣のある庭園をつくるボードゲーム「枯山水」で徳を積む【レビュー】

どーも。アナログゲームを普及したい自然人タカ(@viatortaka)です。

人気で品薄になっていると評判のゲーム「枯山水」を遊んできた。

趣のある庭園をつくるボードゲーム「枯山水」で徳を積む【レビュー】 (1)

右下に写っているパッケージが渋いでしょ。

このゲームは1人1人のプレイヤーが庭園を作っていく。自分の美しい庭園を作り上げていくのがまず楽しい。

趣のある庭園をつくるボードゲーム「枯山水」で徳を積む【レビュー】 (4)

3 × 5の場所にタイルを配置していく。コマは庭園にオブジェを配置する鍵となる。

趣のある庭園をつくるボードゲーム「枯山水」で徳を積む【レビュー】 (5)

一回目は上の写真のような庭園をこしらえた。どう???

線の繋がっていないところが1つもないと点数が高くなる。とはいえこのときは2着。1着の人の庭は・・・

趣のある庭園をつくるボードゲーム「枯山水」で徳を積む【レビュー】 (7)

線に乱れはあるものの、オブジェの点数が高い庭。

趣のある庭園をつくるボードゲーム「枯山水」で徳を積む【レビュー】 (6)

最終的な点数。紫が1位の方の点数で、青が僕の点数。

趣のある庭園をつくるボードゲーム「枯山水」で徳を積む【レビュー】 (2)

上が2回目にやったときの庭園。

プレイヤーはゲーム開始時に2つの手札を持つ。左が能力カードで、右が庭園ボーナスカード。庭園カードに記された庭園を造るとボーナス点がもらえる。

人にタイルを上げて徳を積んだり、徳を使って人のタイルを強奪したり、徳を使ってオブジェを建てたりと徳をいかに積み使うかがポイント。やっぱり徳を積んでいかないとね。

カードの強さがばらばらすぎる点においてはゲームバランスが良いとは言えないが、運と実力のバランスは取れていると感じた。オブジェ(石)の色塗りを手作業でやっているだけあって、コンポーネントは上質。だからこそ単純に自分の庭と向き合っているだけでわくわくするのだ。

需要に生産が追いついていないらしく手に入りにくい状況だが、おすすめのボードゲームである。

(プレイ人数: 2-4人 対象年齢: 10歳以上 プレイ時間: 60-90分)

枯山水(Stone Garden)/New Games Order/山田 空太
New Games Order
売り上げランキング: 7,049

2015年3月13日現在、アマゾンで25800円!!!

最後におすすめのボドゲエントリーを紹介。

おすすめの面白いボードゲーム20選レビュー

ちゃお!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です