生産性をプライベートに持ち込むのは愚行である

「人生楽しそうでいいよね」と言ってくる輩がいる。

実際人生を楽しんでいるのだが、人生がより面白くなった気付きとして、プライベートに生産性を持ち込まなくなったことが挙げられる。

生産性は仕事で追い求めればよい。無駄こそが人生の面白さなのだ。

人生は壮大なる暇つぶし

人の一生など、長生きをしても所詮150年くらいである。

150年の暇をどう潰すか。

効率厨のような150年を過ごした先に何がある?

僕が求めているものは、そこにはない。

無駄なことをやって、笑っていれば良いのだ。

生産性ゼロ!

2009年に会社を辞め、自転車世界一周旅に出た。

2012年までだったので、2年半という比較的長めの暇つぶし。

何も生産していない。生産性もなにも生産物がないのだから、生産性ゼロ!

世界のエネルギーを消費していただけ。

しかし、この暇つぶしが滅法面白かった。

経験を活かさなくてもいい

出発前に「世界一周をどう活かす予定なのか」と問われた。

活かす予定などなく、行きたいから行くのだ。

あわよくば今後の人生に活きればいいな、という思いはあったが、その程度。

世界一周の経験から何かを生産して元を取ろうなどと考えたら、生産性が低いので世界一周に出ることをやめるだろう。

仕事ではなくプライベート。生産性などくそくらえであり、夢を叶えに向かった。

「点と点が繋がる」とジョブズが言う

偉大なるスティーブ・ジョブズがスピーチで語った。

「点と点が繋がる。」

生産性は無視して、興味関心のあることに突き進む。そのように打っていった楔である点は、いつか繋がって線になるのかもしれない。

ジョブズは繋げた。

僕は繋げられるのだろうか。

繋がらなくたって、後悔のない人生を送れればいいさ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です