CW-Xを4年使った体験談:登山・マラソン等でひざの痛みに悩む人ははCW-Xを使ってみて!

2014年年始にフットサルをした。サッカー・フットサルをするのは2012年にアフリカタンザニアにてタンザニア人に混じってやったとき以来。

翌日からひどい筋肉痛だった。びっくりした。

先日にもフットサルをやる機会があり、今回はワコールが誇る至高のサポートタイツCW-Xを身にまとった。すると前回に比べて筋肉痛はずっと軽度だった。やはりこのサポートタイツは素晴らしい。

CW-Xスタビライクスを購入したきっかけ

 

僕は大学時代に登山をしていた。そのときにひざ痛に悩まされており、ハードな登山への挑戦がためらわれた。

山を登っているときにCW-Xを穿いた多くの中高年の方々を見かけた。気になっていたものの、高価で手が出なかった。そのとき数多く目にした高級タイツの存在は、膝に爆弾を抱えている僕の脳にインプットされ忘れられることはなかった。

評判の高さは調査済だったものの、いかんせん15000円程度と値が張る。15000円といえば貧乏旅行をしていた僕にとって、2泊3日の登山やカヌー旅が出来る額。物より経験にお金を投資するスタイルの僕は、サポートタイツに限られた旅の資金を投入してみるという考えは起こらなかった。

社会人になって初ボーナスをもらい、自分へプレゼントしたのがCW-X。

CW-Xを履いて山に登ると、ひざ痛がおきることが多いに減った。もちろん無理に無理をかさねればひざに痛みがおそってくるけれど、以前よりはずっと安心感がある。それ以降、登山には欠かせない装備となった。

長時間のランニングでもひざが痛くなる僕は、気合いをいれて走るときはCW-Xを使うようになった。マラソン本番ではもちろん履いた。これほど有用なものはない。

自転車世界一周の最中も使っていたし、そのときに登ったキリマンジャロでも当然必須装備。価格のもとは取った。

ひざ痛で悩むすべての人に

長時間ひざに負担をかける登山やマラソン等のスポーツをする方で、ひざに不安を抱える人は買って損はないはず。スポーツ全般の筋肉痛対策にもなるよ。ワコールには感謝でいっぱいなのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です