名古屋栄の立ち飲み日本酒Bar八咫(やた)の利き酒コース1時間1500円がお得でおいしいのでおすすめ!

2009年から2012年まで自転車で世界一周をしていた。2011年5月に僕はトルコのイスタンブールにおり、そこで辰巳祥平氏と出会った。その彼と再会したのが栄の立ち飲み日本酒Bar八咫(やた)なのである。

偶然の再会ではない。彼が愛知に来ているので会おうという話になり、八咫へ飲みに行くことになった。実に2年半ぶりの再会。こうやって再び日本で会えることは、真に幸せなことだ。

お互い日本酒が好きだから八咫へ行こうという話になった。いや、ちょっと語弊がある。僕は日本酒が好きというレベルだが、祥平氏は日本酒が好きというレベルにとどまっていない。彼は現在は愛知の丸井合名会社で日本酒を作っているからだ。

祥平氏の旅は世界の酒を見る旅だった。酒を作る男から、国内から海外までの酒造りのうんちくが聞けて楽しすぎた。そりゃあ、酒も進むってもんよ。

名古屋栄の立ち飲み日本酒Bar八咫(やた)の利き酒コース1時間1500円がお得でおいしいのでおすすめ!

八咫で1時間1500円の利き酒コースを頼んだ。

このコースでは1杯30~50mlがワイングラスで提供される。銘柄がかぶらなければ八咫全銘柄を時間内1,500円の飲み放題で楽しめるのだ。お酒は常時30種類以上を取り揃えているので、一種一杯といえど十分であり、飲み放題のようなもの。

名古屋栄の立ち飲み日本酒Bar八咫(やた)の利き酒コース1時間1500円がお得でおいしいのでおすすめ! (2) 名古屋栄の立ち飲み日本酒Bar八咫(やた)の利き酒コース1時間1500円がお得でおいしいのでおすすめ! (3)

ビジネスの観点からみても斬新で、4.5坪というとても狭いスペースでの立ちのみスタイル。僕らは土曜の18時半ころにお邪魔したところ少し込み合っていたが、19時頃に客が一斉にはけてすいた。店長によると、19時くらいに一度客が帰ることが多いそうだ。

おそらくは18時から利き酒コースで飲み始めた客だろう。僕らが1時間で飲み終えて帰ったように、彼らも1時間でさくっと飲み終えたに違いない。

八咫ではつまみが全品500円。席料が無料と分かりやすい価格になっている。僕らは1時間飲み放題とつまみが2人で2品で計4000円(1人2000円)。おいしい日本酒が満足に飲めて2000円はお得であった。店としても1時間で出て行く客の単価が2000円という回転率と、立ち飲みだからこその小スペースという要素で成り立っている。

名古屋栄の立ち飲み日本酒Bar八咫(やた)の利き酒コース1時間1500円がお得でおいしいのでおすすめ! (4)

飲んでいて気付いたことは、純米酒しか扱っていないという事実。純米酒とは醸造アルコールを添加せず、米と米麹のみで醸された日本酒。そこにこだわりがあるのだろう。おいしい日本酒が数多くおいてあった。

名古屋で日本酒を飲みたいならばおすすめ!!

八咫のHPと取り扱っている日本酒 例

愛知・名古屋の立ち飲み日本酒Bar(バー) 『純米酒専門 八咫(やた)』

神亀酒造(埼玉):辛口純米、ひこ孫 など
諏訪酒造(鳥取):諏訪泉芳醇辛口、満天星 など
森喜酒造(三重):るみ子の酒、すっぴんるみ子の酒 など
川西屋酒造店(神奈川):隆 など
大矢孝酒造(神奈川):昇龍蓬莱 など
石本酒造(新潟):越乃寒梅 無垢 特別純米 
関谷醸造(愛知):空、一念不動、霞月 など
下村酒造店(兵庫):奥播磨山廃、奥播磨純米 など
田治米合名会社(兵庫):竹泉 など
舞鶴酒造(秋田):田从(たびと)
出羽桜酒造(山形):一耕(本生)、出羽燦々誕生記念(本生)
一ノ蔵(宮城):すず音、ひめぜん
達磨正宗(岐阜):熟成酒
若戎酒造(三重):真秀、季節限定酒 ほか
一本義久本点(福井):伝心シリーズ ほか
冨士酒造(山形):有加藤、栄光冨士 ほか
三千盛(岐阜):三千盛 純米
酔鯨(高知):酔鯨 ほか
マスカガミ(新潟):萬寿鏡 ほか
妙高酒造(新潟):越乃雪月花

八咫の住所・営業時間・定休日・電話番号・地図

八咫の住所

愛知県名古屋市中区栄4-4-4 栄メッツビル1F

八咫の営業時間・定休日

営業時間 15時~22時30分 ※L.O 22時
定休日 日曜

八咫の電話番号

TEL    052(253)8553

八咫の地図

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です