takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

民主主義・資本主義に限界を感じ、距離を置きたいアナタにおすすめの本

投稿日:2013年12月16日 更新日:

イギリスの政治家ウィンストン・チャーチルが言った。

「民主主義は最悪の政治体制だ。だがそれまであったものよりかは幾らかマシだ」

(Market economy is the worst form of system except allthe others that have been tried.)

現在の社会システムはほころびがたくさん見える。それでも他にかわるものがあるわけではなく、既存のシステムの中で生きていくしかない。

「何か」が起きたらまずいことになりそうだ、と思いつつも、個人の力ではどうしようもなく、みんなその中で生きているしね、という感覚だろう。そんな中で少しでも今のシステムから距離を置いておきたい、という人に幾つかの本を紹介。

既存のシステムの中で考える違う視点の生き方の提示、今のシステムの中での極端なライフスタイル、自給自足的な考え方、という形で分けた。

既存のシステムの中で考える違う視点の生き方の提示

ナリワイをつくる:人生を盗まれない働き方

ナリワイをつくる:人生を盗まれない働き方
伊藤 洋志
東京書籍
売り上げランキング: 11,580

月3万円ビジネス

月3万円ビジネス
月3万円ビジネス

posted with amazlet at 13.12.04
藤村靖之
晶文社
売り上げランキング: 4,410

評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている

評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている
岡田 斗司夫
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 15,000

里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く

里山資本主義  日本経済は「安心の原理」で動く (角川oneテーマ21)
藻谷 浩介 NHK広島取材班
角川書店
売り上げランキング: 207

極端なライフスタイル

ゼロから始める都市型狩猟採集生活

ゼロから始める都市型狩猟採集生活
坂口 恭平
太田出版
売り上げランキング: 108,485

ぼくはお金を使わずに生きることにした

ぼくはお金を使わずに生きることにした
マーク ボイル
紀伊國屋書店
売り上げランキング: 24,247

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法

自給自足的な方向

完全版自給自足の本

完全版自給自足の本
完全版自給自足の本

posted with amazlet at 13.12.06
ジョン・シーモア
文化出版局
売り上げランキング: 35,239

マタギ 矛盾なき労働と食文化

マタギ 矛盾なき労働と食文化
田中康弘
エイ出版社
売り上げランキング: 112,053

農業・狩猟の漫画

百姓貴族

銀の匙 Silver Spoon

山賊ダイアリー

山賊ダイアリー(1) (イブニングKC)
岡本 健太郎
講談社 (2011-12-22)

もやしもん

336×280

336×280

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

いつかは行きたい 一生に一度だけの旅 BEST500がおすすめすぎる

僕が世界一周に旅立つ前に、何度も何度も読み返した旅行ガイド本がある。ナショナルジオグラフィックが編集している「いつかは行きたい 一生に一度だけの旅 BEST500」である。 いつかは行きたい 一生に一 …

2013年1月~8月に読んだ100冊の中からおすすめ本ランキング15

2013年が始まって8ヶ月が終わる。案外いいペースで本を読んでおり、今年読んだ本が100冊を突破した。いい頃合いなので、おすすめ本をランキング形式で紹介。本はほんと面白い。 15位 日本語の作文技術  …

ランニング初心者におすすめの本

トライアスロンをやりたいと思い、ランニングや水泳をしている。トライアスロンでの泳法は基本的にクロール。得意ではなかったので、まず先に一冊の本を買った。 クロールが速くきれいに泳げるようになる! pos …

貴志祐介の名作「クリムゾンの迷宮」がセールしているぞ!!

これは見逃せない情報。速報なり。 貴志祐介の「クリムゾンの迷宮」がkindleでセールされており、700円の本が330円で売られている。 クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫) posted with …

「生物と無生物のあいだ」が面白かった人は「フェルマーの最終定理」も読むべき!

どーも。読書が趣味の会代表の本好き侍タカ(@viatortaka)です。 かつて話題になった新書「生物と無生物のあいだ」を読んだ。 生物と無生物のあいだ (講談社現代新書) posted with a …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。