「異性の交際相手も友人もいない」男性62.2%女性51.6%→ホント??[平成25年版厚生労働白書-若者の意識を探る-]

結婚しない若者について調べている友人から、「恋人も異性の友人もいない未婚の男子が62.2%もいるという衝撃!」というメールがきた。読んだ瞬間、いやいやいやいや嘘でしょと情報ソースを疑う。肌感覚的に数字に現実味がなかったから。

すると・・・

情報ソースは「厚生労働白書」であった。日本政府!!!!

一気に信頼度が増す。なにこれ、まじなの??

平成25年版厚生労働白書 -若者の意識を探る-

データの取り方が気になったので、該当箇所を探した。なかなか見つからないのでやっぱり誤情報なのではないかと思いつつ、読んでいくと・・・

第2節 結婚に関する意識 (56~88ページ) の 19ぺージにグラフがあった。

2013-12-12_1211

あっ、ホントだ・・・

異性の友人とは何??

データの取り方とか気になるけど、その前段階の疑問として、「異性の友人」とはどういう定義で聞いたんだろう。

男女間の友情は成立するか、といった話題が出る世の中で、異性の友人をどう捉えるかで数字が変わってきてしまうのでは?

ラインやフェイスブックで繋がっているくらいで異性の友人なのか、定期的にどこかへ遊びにいく関係となって異性の友人なのか。

前者で考えて未婚の男性62.2%と未婚の女性51.6%に異性の友人がいないのであれば相当驚く。僕の周りにはそんな人(フェイスブックで同性しか友人がいない人)はほぼいないんだけど・・・。断絶された違う世界があるということになる。後者だとすれば、あり得るとも思うけど。

これ、どう思います??みなさん違和感ない数字??

少子社会日本―もうひとつの格差のゆくえ (岩波新書)
山田 昌弘
岩波書店
売り上げランキング: 28,122
姉の結婚 1 (フラワーコミックスアルファ)
西 炯子
小学館 (2011-05-10)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です