takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

思考

ドラクエで一番面白い名作は5だよね。次に3、そして伝説へ・・・

投稿日:2013年12月5日 更新日:

ドラクエ1のスマホ版が先着100万名まで無料ダウンロードで話題をかっさらったスクエアエニックス。12月12日には8が2800円で配信開始となる。ドラクエが世を賑わしているところで一言。

シリーズ史上最高傑作は5。

異論は認めない。

僕とドラクエの歴史

ドラクエ3とファミコンを買ってもらったのが4歳の誕生日プレゼントだった。字が読めない上に、足し算引き算が出来ないとあって、クリアできるわけもなかった。

しかしやり続けるうちに足し算引き算ができるようになっていくのだから、教育効果は抜群!

3は始めに仲間の職業を自分で選べるところが楽しかった。勇者武道家武道家武道家でやってみたりとか、いろいろな遊び方ができた。転職して魔法が使える戦士を育てたり。

4は買ってもらうことができず、次にやったのは5。その時点で4、2、1は友達の家で経験済み。

4のストーリーやキャラクターたちは好きだったけど、自分で操作できないイライラにやられた。言う人に言わせるとあれがいいらしいのだけれど。人生のうまくいかない感をゲームで伝えるという思惑だったのかな。

2も相当面白かったけど、ファミコン版の難易度が高い。ザラキですぐ死ぬのが辛すぎる。1はカニ歩きが懐かしいってことで。

ドラクエ5は真に衝撃的だった。

システム的にはモンスターが仲間になるという面白さ。ストーリー面でも主人公が子供から大人になり、結婚して子供を授かる。父は死ぬし、子供が勇者だしで、なにかと心に突き刺さった。

6も低レベルクリア等で結構プレイはしたんだけど、モンスターが職業を選べることで個性がなくなちゃったんだよね。そこがちょっと。

7の石板システムはわくわく感がなかった。自由な感じではなくやらされている気分が強くいまいち。

8は6、7に比べるとまとまっていて心地よかったけど、やっぱり5のときのインパクトには勝てない。

9、10はプレイしていないので、これにて終了。なんつーとりとめのない文章だ・・・

ドラクエ名作ランキング

1位 ドラクエ5

アルティメット ヒッツ ドラゴンクエストV 天空の花嫁
スクウェア・エニックス (2010-03-04)
売り上げランキング: 562
ドラゴンクエストV 天空の花嫁 (DQ VIII プレミアム映像ディスク同梱)
スクウェア・エニックス (2004-03-25)
売り上げランキング: 629

[評価ポイント]
・モンスターが仲間になる衝撃
・主人公の人生を歩むストーリー

2位 ドラクエ3

ドラゴンクエスト3 そして伝説へ
エニックス (1996-12-06)
売り上げランキング: 1,768
ゲームボーイドラゴンクエストIIIそして伝説へ・・・
エニックス (2000-12-08)
売り上げランキング: 3,742

[評価ポイント]
・職業選択システム

3位 ドラクエ2

ドラゴンクエストII
ドラゴンクエストII

posted with amazlet at 13.12.05
エニックス (1987-01-26)
売り上げランキング: 2,641

評価ポイント
・難易度が高い
・音楽が素敵

4位 ドラクエ4

ドラゴンクエストIV 導かれし者たち
スクウェア・エニックス (2007-11-22)
売り上げランキング: 849
ドラゴンクエストIV 導かれし者たち
エニックス (2001-11-22)
売り上げランキング: 759

評価ポイント
・キャラクターの魅力
・キャラクターのAIの頭の悪さ

5位 ドラクエ8

ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君
スクウェア・エニックス (2004-11-27)
売り上げランキング: 490

ちなみに12月12日配信予定のスマホ版8の映像

評価ポイント
・3D化

まとめ

これからドラクエが順次スマホ対応していくけれど、5と3はやっとけ!

336×280

336×280

-思考

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

成長という言葉が嫌いだ

成長を辞書で引く。 1 人や動植物が育って大きくなること。おとなになること 2 物事の規模が大きくなること。拡大。 1の「人や動植物が育って大きくなること」は分かりやすい。子供がすくすく成長していくん …

「世界は狭い」を数字で考えてみる!東京在住の20代30代の人口は400万人

世界は狭い。狭すぎる。 人の交友関係というのは限定的だ。世界の人口が72億人いようとも、一生で出会う人の数は10万人にも満たないだろう。 僕の交友関係が絞られているためか、友人と友人とが繋がっている現 …

人に会いに行く旅こそ最高に面白い

どーも。旅を愛する会代表の自転車世界一周侍「タカ(@viatortaka)」です。 旅が好きだ。日本を知りたいと思って旅を始め、国内を駆け巡った。 日本各地の山を登り、カヌーで川を下り、自転車を漕いだ …

20代男性のお金がかからない趣味の罠

お金がかかる趣味を持つことを避けている。その趣味の時間あたりの満足度が高くとも、働く時間が伸びて結果的に趣味に費やす時間が減り、総合的に見たときの満足度が減りそうだからだ。 山登り、カヌー、自転車ツー …

冒険とは縛りプレイであり発想力なのだ。ガラクタ船で世界旅行がアツい。

15世紀から17世紀にわたって大航海時代があった。あの頃はまさしく「冒険」という言葉にふさわしい移動が行われていた。 1953年にエベレストが英国探検隊の登山家エドモンド・ヒラリーとシェルパテンジン・ …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。