アグリコラから考察する思考のパターン

第2回アグリコラ世界選手権代表選考会の1日目で優勝したメイショウゲドウさん (@gedoubeam)のアグリコラ考察が面白かったので紹介、プラス僕の意見をちょろっと追記する。

「構想立案」「構想検証」「微修正」「トラブル対応」の4つを挙げているゲドウさんに対して、僕は「構想立案」「現場対策」の2つでまとめたい。

「構想立案」はゲドウさんの言うとおりでドラフトに当たる。僕の感覚だと圧倒的に経験の世界。アグリコラのドラフトにおいて何に対してインスピレーションと定義するか、という前提があるが、経験に含まれてしまうような気がする。出す順番を検討したり、というところも構想立案に含めても良いかな。

ゲドウさんのいう「構想検証」「微修正」「トラブル対応」にあたるものを「現場対応」という言葉に置き換えた。ゲームが始まってから他人のうち手やRカードの捲れ方で行動を調整するのはすべてひとくくり。この3つは重なる気がするのよね。

ゲドウさんは「微修正」「トラブル対応」を分けていたけれど、ゲームに含まれているカードはあらかじめ決まっており、初見のカードがめくられるわけではないゲームなので、想定を超えたトラブルと呼べるほどのものもないような。初手ピックネズミ捕りだって十分あり得るし、微修正に含めてもいいのではないかと。

・・・

何が言いたいかというと、アグリコラやりたいということ。

ボードゲームおすすめランキング50

ボードゲームをひたすらやり続け、面白いボードゲーム50を厳選してランキングをつけたので紹介。

ボードゲームおすすめランキング50【2018年最新版】

2016.12.17

ボードゲーム宿タカハウスをはじめました0

ボードゲームが好き過ぎて、ボードゲーム古民家宿をはじめました。愛知県新城市になります。

タカハウス

泊まりがけでボードゲームをやりたくなったらお越しください。







古民家宿泊はじめました!

古民家タカハウスで宿泊事業をはじめました。良かったら遊びに来てください。語りましょう。ボードゲームやりましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

管理人のたかです。1984年4月20日生まれ。不動産会社での開発業、自転車世界一周、地域おこし協力隊を経て、愛知県新城市の古民家で宿泊事業をはじめました。SNSでフォローしていただくと最新記事を読むことができます。よろしくお願いします。