罠猟を見学してきた

縁あって、三重県で狩猟ををやっている方の家にお邪魔してきた。罠猟である。狩猟解禁直後とあって、獲物がかかることを期待して良いとのこと。わくわくして向かった。

しかし狩猟というのは水ものであり、獲物がかかるかからないは運任せ。例年より暖かかったようで、暖かいとまだ他にも餌が残っているので獲物が罠のところに来ない。2泊させてもらったが、獲物をお目にかかることはできなかった。残念!!

「ぼくは猟師になった」が罠猟のイメージ

罠猟というと「ぼくは猟師になった」の内容が頭に浮かび、山の中に罠を仕掛けているイメージを持っていた。

ぼくは猟師になった
ぼくは猟師になった

posted with amazlet at 13.11.04
千松 信也
リトル・モア
売り上げランキング: 44,032

しかし罠は山の中ではなく、民家の近くに仕掛けていたことに驚く。

罠猟の檻 (1) 罠猟の檻 (2) 罠猟の檻 (3) 罠猟の檻 (4)

こんなところに来るのか、と思ったけれど、田畑を荒らすシカやイノシシが捕まる。周辺の農家から感謝されるとのこと。

しかのパテ

シカ肉のパテ。

「獲物がかかりそうなもっと寒い時期に来てください」と言ってもらえたので、またお邪魔させて頂こうと思う。

山賊ダイアリー(1) (イブニングKC)
岡本 健太郎
講談社 (2011-12-22)
マタギ 矛盾なき労働と食文化
田中康弘
エイ出版社
売り上げランキング: 63,209

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です