センター試験廃止について

センター試験廃止して2段階の達成度テストにするというニュースが話題になっている。

・センター試験廃止へ…2段階「達成度テスト」に

大学入試改革を検討している政府の教育再生実行会議(座長・鎌田薫早稲田大総長)は21日、大学入試センター試験を廃止し、新たに「達成度テスト(仮称)」の創設を提言する方針を固めた。

 レベルや目的が異なる「基礎」と「発展」の2段階の試験を設け、いずれも高校在学中に複数回受験可能とすることを求める。近く安倍首相に提言し、文部科学相の諮問機関、中央教育審議会がテストの実施時期や運営体制などを検討。5年程度先をめどに導入される見通しだ。

 実行会議では、センター試験を手直しした新テストと、高校生の基礎学力を把握する試験を別々に導入する方向で検討を進めてきた。これに対し、「高校生の負担になり、現場が混乱する」との異論があったため、「達成度テスト」として一本化し、大学入試のあり方を抜本的に見直すことにした。

(2013年10月22日07時21分 読売新聞)

国公立の大学に行きたければセンター試験は避けて通れない。センター試験は年に1度である。テスト一発勝負は受験生のとき、非常に恐ろしかった。

当日に病気になっている可能性を含め、何かしらのトラブルに見舞われることはあり得る。また、テストの点数は波があるものにも関わらず、1点単位で合否が分かれる。

それにも関らず、その日の出来が悪くて不合格となれば、再び受験できるのは1年後なのだ。もう1年余分に勉強するパワーなど残らないペースで勉強していた。

結局私立大学を第一志望とし、幾つかの大学を併願した。センター試験の一発勝負でなくなったのは、精神的に大分楽であった。

大学受験時のことを思い出すと、センター試験を廃止して2段階の達成度テストをするのは賛成である。

センター試験廃止のデメリット

諸手を挙げて賛成か、と問われたとき、2つの懸念が思い浮かんだ。

1.試験を分けると高校生活がより勉強に染まるのではないか?

2段階をいつといつにするのか分からないが、それぞれに合わせて勉強をすることになるだろう。僕が通っていた高校は進学校とはいえ、高校2年まで多くの生徒が部活道に励んでいたが、もっと早く勉強に専念する生徒が増えるかもしれない。

2.浪人生が増えるのではないか?

また、早めに試験が行われることは、浪人生が有利になりそうな気がする。そうすると、浪人するメリットが高まるので、浪人が増えるかもしれない。

どちらもあまり良くない変化だと思う。

他の人の意見

1.試験料がかかる

試験で稼ぎたいだけだろう、っていう意見があった。テスト作成や実施コストを含めてどうなんだろう。漢字検定でぼろ儲けっていう話うを聞いたことがあるし、やっぱり儲かるのかな。黒字にする必要ないよね。

センター試験廃止についてどう思いますか?

これは聞いてみたいところ。みなさん、とう思います?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です