悪徳商法わざと引っかかってみました

僕はこれまで潜入ルポライターとして数多くの詐欺や悪徳商法の現場に潜入してきた。最近実感するのが、騙しの手口は時代とともに変化しているということだ。以前と比べて特に違いが大きいと思うのが、勧誘の仕方である。

年々巧妙になっていく悪徳業者の手口ではあるが、細かく見ると古典的な手法の組み合わせていることが多い。1つでも多くの事例を知ることは、あなたの身を守ることになるだろう。

体験した潜入調査を羅列すると

・「デート商法」の危険な罠
・「芸能人からの相談」は本当?
・「ペニーオークション」に挑戦!
・「マルチ商法の説明会」に潜入!
・「社会人勉強サークル」の正体
・「女性から援助金」が貰えるサイト
・「病気が治る癒しの音楽」って?
・「オーラ治療院」で肩こりは治る?
・「ヒーリングスクール」を体験学習
・「超能力開発講座」に挑戦!
・恐怖の「がんノイローゼ商法」
・怪しい「健康お悩み相談会」
・「2000円占い鑑定」の裏側
・「裏情報ビジネス」ってなに?
・「情報商材」で本当に稼げるか?
・「ホームページ作成商法」の謎
・売れなくても稼げる代理店?
・誰にでもできる「筆耕ビジネス」
・財布もやせる「やせる下着商法」
・「チラシ配布で稼ぐ」のカラクリ

といったところである。

相当に手ごわく、物を買わされそうになったこともしばしば。洗脳されていくような感覚を味わったりした。

・・・

・・・・・・

という妄想をさせてくれたのが、多田文明さんが著者の「悪徳商法わざと引っかかってみました」という本。

結構おもしろかったなりよ。

ちゃんちゃん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です