takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

悪徳商法わざと引っかかってみました

投稿日:2013年10月13日 更新日:

僕はこれまで潜入ルポライターとして数多くの詐欺や悪徳商法の現場に潜入してきた。最近実感するのが、騙しの手口は時代とともに変化しているということだ。以前と比べて特に違いが大きいと思うのが、勧誘の仕方である。

年々巧妙になっていく悪徳業者の手口ではあるが、細かく見ると古典的な手法の組み合わせていることが多い。1つでも多くの事例を知ることは、あなたの身を守ることになるだろう。

体験した潜入調査を羅列すると

・「デート商法」の危険な罠
・「芸能人からの相談」は本当?
・「ペニーオークション」に挑戦!
・「マルチ商法の説明会」に潜入!
・「社会人勉強サークル」の正体
・「女性から援助金」が貰えるサイト
・「病気が治る癒しの音楽」って?
・「オーラ治療院」で肩こりは治る?
・「ヒーリングスクール」を体験学習
・「超能力開発講座」に挑戦!
・恐怖の「がんノイローゼ商法」
・怪しい「健康お悩み相談会」
・「2000円占い鑑定」の裏側
・「裏情報ビジネス」ってなに?
・「情報商材」で本当に稼げるか?
・「ホームページ作成商法」の謎
・売れなくても稼げる代理店?
・誰にでもできる「筆耕ビジネス」
・財布もやせる「やせる下着商法」
・「チラシ配布で稼ぐ」のカラクリ

といったところである。

相当に手ごわく、物を買わされそうになったこともしばしば。洗脳されていくような感覚を味わったりした。

・・・

・・・・・・

という妄想をさせてくれたのが、多田文明さんが著者の「悪徳商法わざと引っかかってみました」という本。

結構おもしろかったなりよ。

ちゃんちゃん。

336×280

336×280

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

雪山登山の装備や遭難などの危険対策本[雪山100のリスク]

七大陸最高峰を目指すにあたり、出来れば今年から雪山を始めたい。無理はせず、着実に経験を積む。 冬までにやることの1つは体力づくり。毎日のランニングと、たまのスイムを行っている。週に2度ほどはランニング …

ワーク・シフトの感想と未来の世界を考察

2025年を予測し、最善の行動をとるための本がワーク・シフト(work shift)である。現実味のある未来像を描くのは簡単ではない。だがその試みは興味深く、有用だ。本書では将来起こるであろう32の要 …

シリアの化学兵器とNHK総合の週刊ニュース深読みと小松左京の復活の日

NHK総合で毎週土曜の午前8:15~9:28まで「週刊ニュース深読み」という番組が放送されている。 ・週刊ニュース深読み 友人が編集に携わっている番組ということを知り、9月21日放送のシリアの化学兵器 …

メイカーズ革命~3Dプリンタにより個人が製造業を営む未来(21世紀の産業革命)

「MAKERS―21世紀の産業革命が始まる」という良書と出会った。「ワーク・シフト」に引き続き、今後の世の中を考えるために参考になる本。 [本]12年後の世界はどうなるの?ワーク・シフトで2025年の …

no image

アボリジニの話「ミュータント・メッセージ」マルロ・モーガンの感想と名言

ミュータント・メッセージ (角川文庫) posted with amazlet at 12.08.31 マルロ モーガン 角川書店 売り上げランキング: 58846 Amazon.co.jp で詳細を …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。