takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

「ウェブ社会のゆくえ」著者鈴木謙介が面白かったので紹介

投稿日:2013年10月12日 更新日:

会議やデートや飲み会のときに、目の前の相手がSNSを見始めたらどう思うか。目の前の人を優先するべきなのだろうか。

「ウェブ社会のゆくえ」に解説されているのは、そういった現象がなぜ起こり、どういう側面があるのかということだ。

著者はウェブの情報空間がリアル空間と結びつくことを「他孔化」という。それが生きる世界を大きく変容させ、社会のつながりを揺るがしつつある。他孔化した現実のゆくえを探るための本である。

ソーシャルメディア依存

個人的に特に興味をそそられた話題は、第二章のソーシャルメディアから抜け出せない人たちの話である。

僕の身のまわりでmixiのときもfacebookのときも、退会してアカウントを取り消し、しばらくすると戻ってきたりする友人がいた。だったら退会せずに初めからアカウントを残しておけばいいと思っていた。その方が便利じゃん、と。

しかし「ソーシャルメディアではもはや連絡を取り合うのではなく絶やさずにいることが目的となっている」という記述があり、このニュアンスの違いに気づいてしっくりきた。

mixiやfacebookを使いたくなければ放置しておけばいいじゃん、という僕の考えは、連絡を取り合うときだけ使えばいいという考えである。ソーシャル依存の場合は連絡を絶やさずにいることがSNSの目的であり、mixiやfacebookをやめたら連絡が絶えるわけではないのだ。退会してアカウントを消してはじめて連絡を絶つこととなる。

このあたりのソーシャル依存における心理について本書ではいろいろ書かれている。

引き算の人間関係

もう1つ興味をそそられた話題をあげると、人間関係の変化についてである。

人間関係とは基本的に出会うところから始まる。まず出会い、仲良くなったら連絡先を交換する。そして段々と深い付き合いになっていく。これは足し算の人間関係である。

だが、現在は違う。知り合ったときに連絡先を交換する。そしてその中から深い付き合いに移行できる相手を探して仲良くなる。これは引き算の人間関係である。

引き算が繰り返される関係性の中では相手から「引かれないこと」が大切になり、空気を読む圧力が増える。そういった世界なのだ。

このあたりは微妙な違いではあるが、あてはまるなと思う出来事が思い浮かんだりして面白い。

ソーシャルメディアにおける心理

上記のようなソーシャルメディアにおける心理に興味がある方は「ウェブ社会のゆくえ」を楽しく読めると思う。

336×280

336×280

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

貴志祐介の名作「クリムゾンの迷宮」がセールしているぞ!!

これは見逃せない情報。速報なり。 貴志祐介の「クリムゾンの迷宮」がkindleでセールされており、700円の本が330円で売られている。 クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫) posted with …

エボラ出血熱の抗体をダチョウの卵で大量精製→「ダチョウ力」を読むべし!

どーも。ダチョウを愛する会代表の自然人タカ(@viatortaka)です。 2014年11月21日の注目ニュースがある。京都府立大教授グループがエボラ出血熱の抗体をダチョウの卵で大量精製することに成功 …

ブログで文章力を向上させる方法

有名ブロガーのちきりんさんが書いていた記事。 ・安易な道を選ばない それだけで食べていけます ちきりんさんは「文章を書く」というジャンルでは安易な道を選ばないと言っている。書くにあたっての安易な道とは …

ネットで稼ぐ人やフリーランスにおすすめ!初めての確定申告本3選

どーも。5年3ヶ月の時を経てブログが月10万PVを超えた自然人タカ(@viatortaka)です。 サラリーマンが副業で20万円以上の所得があると確定申告をしなければならない。雇われることに慣れている …

no image

高橋歩の「LOVE&FREE」と「自由への扉」の名言[本]

LOVE&FREE―世界の路上に落ちていた言葉 posted with ヨメレバ 高橋 歩 サンクチュアリ出版 2001-02 Amazon 「LOVE&FREE」高橋歩 ・生き方がアートだ …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。