takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

思考

冒険とは縛りプレイであり発想力なのだ。ガラクタ船で世界旅行がアツい。

投稿日:

15世紀から17世紀にわたって大航海時代があった。あの頃はまさしく「冒険」という言葉にふさわしい移動が行われていた。

1953年にエベレストが英国探検隊の登山家エドモンド・ヒラリーとシェルパテンジン・ノルゲイによって初登頂がなされ、地球のほとんどの場所を人類が到達したこととなる。現在で残されている未開の地といえば深海と宇宙だろう。

そういう状況になってからは、冒険とは縛りプレイになった。エベレスト無酸素登頂とか、80歳でエベレスト登頂とか、気球で太平洋横断とか、リヤカーを引いて徒歩で世界一周をしたりとか、サハラ砂漠をラクダで横断したりとか、様々な形で制限をつけて冒険にするのである。

エベレストは酸素ボンベを使ってツアーで行ける時代だし、太平洋横断は飛行機ですればいいし、世界一周だって車と飛行機を使えばいいし、サハラ砂漠もジープで走れる。そこをあえて縛る。より条件を過酷にして挑戦するのだ。

そういった未知の状況を作り出し、わくわくを増やして楽しむ。

僕が行った自転車世界一周は冒険とは思わないけれど、バックパッカーでする世界一周と比べれば冒険的要素は増えており、冒険チックである。冒険を定義づけて、これは冒険であり、それは冒険でないという話がしたいわけではない。旅に冒険的要素を増やすために縛りプレイをするということだ。

そういう意味で、廃品で船を作って世界一周をするという発想に感動した。

アーティストのSwoonさんが始めた冒険企画。写真を見てもらうのが分かりやすい。

廃品船 (28)

廃品船 (29)

廃品船 (30)

廃品船 (1)

廃品船 (2)

廃品船 (3)

廃品船 (4)

廃品船 (5)

廃品船 (6)

廃品船 (7)

廃品船 (8)

廃品船 (9)

廃品船 (10)

廃品船 (11)

廃品船 (12)

廃品船 (13)

廃品船 (14)

廃品船 (15)

廃品船 (16)

廃品船 (17)

廃品船 (18)

廃品船 (19)

廃品船 (20)

廃品船 (21)

廃品船 (22)

廃品船 (23)

廃品船 (24)

廃品船 (25)

廃品船 (26)

廃品船 (27)

Tod Seelieさんが撮った写真

楽しそうすぎる。これも1つの冒険と呼んで差し支えがない。

今や冒険とは発想力なのだ。

336×280

336×280

-思考

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

旅人によってベトナムの印象やベトナム人の性格の捉え方が全く違う件

2010年12月にラオスからベトナムに入り中国へ自転車で抜けた。ビザめいっぱいの15日間ベトナム自転車旅。 ベトナムについては他の旅人からたびたび悪い噂を聞いていたが、僕は想像を絶するくらいにおもてな …

[買い物に時間がかかる決断力がない人へ]モノを選ぶ時間を大幅に短縮する方法

世界はモノであふれている。 何かが欲しいと思ったとき、とてもじゃないがすべてを詳細に調べられない。一日24時間しかないのに、選ぶという行為に時間をかけていたら人生が終わってしまう。 買ったあとに使うこ …

2006年に作った「人生でやりたいことリスト100」を偶然見つけたので、結果を晒してみる

部屋の整理をしていたら、2006年頭に作った「やりたいことリスト100」が出てきた。それを確認して生きてきたわけではなく、すでに忘れ去られていたもの。今更ながら、どうなったかをチェックしてみる。 7年 …

生活レベルは向上させるのではなく低下させる。自由を手に入れるために。

どーも。自由を手に入れる方法を探す会代表の自然人タカ(@viatortaka)です。 右肩上がりの時代があった。あった、と書いたけれど今でも年をとれば収入が増えていくことが多い。日系企業は同一労働同一 …

3Dプリンタによる個人のモノづくり時代の最先端サービス「rinkak」

MAKERSに書かれていた21世紀の産業革命はもう訪れていると言ってもいいかもしれない。21世紀の産業革命とは、個人が製造業を営む時代の到来である。 ・MAKERSを読んで、個人が製造業を営む時代が来 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。