冒険とは縛りプレイであり発想力なのだ。ガラクタ船で世界旅行がアツい。

15世紀から17世紀にわたって大航海時代があった。あの頃はまさしく「冒険」という言葉にふさわしい移動が行われていた。

1953年にエベレストが英国探検隊の登山家エドモンド・ヒラリーとシェルパテンジン・ノルゲイによって初登頂がなされ、地球のほとんどの場所を人類が到達したこととなる。現在で残されている未開の地といえば深海と宇宙だろう。

そういう状況になってからは、冒険とは縛りプレイになった。エベレスト無酸素登頂とか、80歳でエベレスト登頂とか、気球で太平洋横断とか、リヤカーを引いて徒歩で世界一周をしたりとか、サハラ砂漠をラクダで横断したりとか、様々な形で制限をつけて冒険にするのである。

エベレストは酸素ボンベを使ってツアーで行ける時代だし、太平洋横断は飛行機ですればいいし、世界一周だって車と飛行機を使えばいいし、サハラ砂漠もジープで走れる。そこをあえて縛る。より条件を過酷にして挑戦するのだ。

そういった未知の状況を作り出し、わくわくを増やして楽しむ。

僕が行った自転車世界一周は冒険とは思わないけれど、バックパッカーでする世界一周と比べれば冒険的要素は増えており、冒険チックである。冒険を定義づけて、これは冒険であり、それは冒険でないという話がしたいわけではない。旅に冒険的要素を増やすために縛りプレイをするということだ。

そういう意味で、廃品で船を作って世界一周をするという発想に感動した。

アーティストのSwoonさんが始めた冒険企画。写真を見てもらうのが分かりやすい。

廃品船 (28) 廃品船 (29) 廃品船 (30) 廃品船 (1) 廃品船 (2) 廃品船 (3) 廃品船 (4) 廃品船 (5) 廃品船 (6) 廃品船 (7) 廃品船 (8) 廃品船 (9) 廃品船 (10) 廃品船 (11) 廃品船 (12) 廃品船 (13) 廃品船 (14) 廃品船 (15) 廃品船 (16) 廃品船 (17) 廃品船 (18) 廃品船 (19) 廃品船 (20) 廃品船 (21) 廃品船 (22) 廃品船 (23) 廃品船 (24) 廃品船 (25) 廃品船 (26) 廃品船 (27)

Tod Seelieさんが撮った写真

楽しそうすぎる。これも1つの冒険と呼んで差し支えがない。

今や冒険とは発想力なのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です