[生き方]人生を日数と回数で考えてみると・・・

人生を日数や回数で考えてみると発見がある。

人生の日数

仮に80歳まで生きるとすると

80年 × 365日 = 29200日

約30000日なのである。30000日もあると捉えるか、30000日しかないと感じたか。

日数的な節目を考えると、

10000日目は27歳。

15000日目は40歳。

20000日目は54歳。

僕の感覚を付与すると、人生経験が少なく体力がある人生前半戦の方が時間の密度が濃い。つまり15000日目が人生の真ん中ではなく、14000日目くらいが人生の真ん中なのではないか。人生の折り返し地点で、後半戦に向けてどの程度の自分を見つけられているのだろう。

人生の食事の回数

人生における食事の回数を数えてみる。ざっくりだけれど、1日3食の生活を続けるとすれば

30000日 × 3回 = 90000食

人生の食事回数は約90000食。1日5食とかを食べられないので、回数を減らすことはできても増やすことは難しい。

人生が10000日を過ぎた人の食事回数は60000食を切っている。

食の嗜好は変わっていく。60000回のご飯のうち、あぶらっこいものや肉を美味しく食べられるのはいつまでだろう。そう考えるとラーメンを巡りやBBQなんかはせっせとやっておいたほうがいいのかも。

食べるのが大好きな僕にとっては、貴重な1食をこれで済ませてしまっていいのか?という問いは常にある。物を食べる回数は限られているのだ。食は一緒にいる相手と味に左右されるので、好きな相手と美味しいものを数多く食べたいものである。

残りの人生で親と会える回数

現在あなたが親と別居しているとする。年に何回顔を会わせる?1回?2回?

仮にあなたが30歳で親が55歳だとすると、親が80歳になるまで25年。年1回ペースだと25回、年2回ペースだと50回。親と会える回数はそれだけである。ましてやお互いが25年生きるという保証はない。

人生を日数や回数で考えてみる

人生の日数、人生での食事の回数、残りの人生での親と会える回数、を今回はピックアップしてみた。自分にとって大切なことを考えたとき、日数や回数を計算してみると発見がある。お試しあれ。

何か面白い事実が見つかったら、コメントしてくださいね。

死ぬときに後悔すること25
大津 秀一
致知出版社
売り上げランキング: 1,751

医者が教える 人が死ぬときに後悔する34のリスト
川嶋 朗
アスコム
売り上げランキング: 546

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です