takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

時間がないと言い訳する人は朝2時に起きなさい![枝廣淳子]

投稿日:2013年5月6日 更新日:

「時間がないと言い訳する人は朝2時に起きなさい!」

という記事を見つけた。

時間がないと言い訳する人は朝2時に起きなさい! | ニコニコニュース
朝2時起きで、なんでもできる …

せわしなく何かに追われているような毎日を送り、新しいことを始める時も、「時間がない」……と尻込みしてしまう人は少なくないでしょう。けれども、そんな言い訳をするくらいなら時間を捻出すれば良いのです。時間を捻出するためには、無為に過ごしてしまう夜の時間を整理して、朝2時に起きてみてはいかがでしょうか。

いやはや、これが出来る人って世の中にどんくらいいるんかね?2時って朝じゃないし・・・真っ暗だし・・・

そもそも何時に寝るのよ。20時とか?それだったら23時に寝て5時に起きた方が人間の身体に合っているように思うのよね。

ネタだよな~、と思って一通り読むと、最後に

「朝2時起きで、なんでもできる! 2(枝廣 淳子)」の詳細を調べる

と出ているものだから、枝廣淳子さんをググってみた。

有限会社イーズの社長さんでした。

東京大学大学院教育心理学専攻修士課程修了。2年間の米国生活をきっかけに29才から英語の勉強をはじめ、同時通訳者・翻訳者・環境ジャーナリストとなる。環境問題に関する講演、執筆、翻訳等の活動を通じて「伝える こと、つなげること」でうねりを広げつつ、行動変容と広げるしくみづくりを研究。地球環境の現状や世界・日本各地の新しい動き、環境問題に関する考え方や知見を環境メールニュースで広く提供している。

枝廣淳子さんが発売している本が、「時間がないと言い訳する人は朝2時に起きなさい!」という記事のソースのようだ。

朝2時起きで、なんでもできる!
枝廣 淳子
サンマーク出版
売り上げランキング: 74,323

ネタじゃなかった!!!!ネタと思ってしまってごめんなさい。

アマゾンの商品説明のところで

「ところで、2時に起きるっていうトンデモナイ枝廣さんの
生活スタイルを切り口に、これまでの歩みを本にしたら、
面白いと思うんですけどー。名刺代わりに一冊どうですか?」
……こんな具合に、本ができたきっかけは、ひょんなこと。
「えっ、2時に起きるってそんなにヘン?」
と枝廣さんは目を丸くし、
「2時のどこが朝なんだよ?」
と社内や書店さんからは疑問の声!うーん、微妙…。
それはさておき、2時に起きなくても人生が変わる一冊です。

「えっ、2時に起きるってそんなにヘン?」

そのセリフが出てくることがヘンだよ。これはさすがにネタかな。

◆◆◆

結局のところ、時間を捻出するために睡眠時間を削るのって限度がある。3時間睡眠でいける!っていう人は世の中にはいるだろうけど、大半の人は3時間睡眠の生活を毎日は続けられない。

時間を捻出するためには、やらないことを決めるしかない。自分にとって大切でない時間を捨てていく。捨てることで捻出される。

目指せ時間セレブ!!

336×280

336×280

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

長野市の改修した古民家が特集されている「古き良き未来地図」が素敵すぎる!善光寺観光に必須

どーも。古民家好きが集まる会代表の自然人タカ(@viatortaka)です。 散歩好きなアナタが長野市をふらふらと巡るのに必須の一冊がある。古き良き未来地図という長野駅周辺でリノベーションした古民家を …

メイカーズ革命~3Dプリンタにより個人が製造業を営む未来(21世紀の産業革命)

「MAKERS―21世紀の産業革命が始まる」という良書と出会った。「ワーク・シフト」に引き続き、今後の世の中を考えるために参考になる本。 [本]12年後の世界はどうなるの?ワーク・シフトで2025年の …

貴志祐介の名作「クリムゾンの迷宮」がセールしているぞ!!

これは見逃せない情報。速報なり。 貴志祐介の「クリムゾンの迷宮」がkindleでセールされており、700円の本が330円で売られている。 クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫) posted with …

ゲーム作家になりたい「小学4年生の世界平和」のようなボードゲームが作るのが夢

どーも。ボードゲーム普及委員会代表の自然人タカ(@viatortaka)です。ボードゲーム好きのメンバー募集中です。 最近ボードゲーム漫画の放課後さいころ倶楽部関連でエントリーを幾つか紹介している。 …

暗号解読~ネット社会は暗号で成り立っている

フェルマーの最終定理が面白かったので、著者サイモンシン訳青木薫のペアの著書をもう一冊手に取る。暗号解読。これも滅法面白かった。 ・数学の面白い本:著者サイモンシン訳青木薫「フェルマーの最終定理 暗号と …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。