放浪息子の最新刊14巻も、面白かったなり。

タイトルにある「放浪息子の最新刊14巻も」、の「も」はよつばとの最新刊12巻が面白かったことに加えて、放浪息子の最新刊も面白かったという意味。国語の問題なり。

よつばとの12巻が明後日(3/9)発売だよ!読まずに死ねるか!!

という記事を読んでいれば解けるはず。いや、難しいか・・・

放浪息子 14 (ビームコミックス)
志村貴子
エンターブレイン

それはさておき、改めて放浪息子のwikiを見てみると、アニメ化されてんじゃん。いつの間に。平成18年度(第10回)文化庁メディア芸術祭マンガ部門・審査委員会推薦作品とも書いてある。すごさが分からんケド。

女の子になりたい男の子・二鳥修一と、男の子になりたい女の子・高槻よしの。2人が自分の性別のことや友人関係に悩み葛藤する姿が、重々しいトーンを伴わず淡々と描かれてゆく

と書いてある通り、性の葛藤が清らかに描かれている。その描き方には賛否両論ありそうだけど、僕としては面白いからという至極単純な理由で読み続ける漫画。

「も」の話に戻るけど、よつばとの12巻も相変わらず滅茶苦茶おもしろかった。癒されるわ~。

よつばと! 12 (電撃コミックス)
あずま きよひこ
アスキー・メディアワークス (2013-03-09)

どちらも新刊は2014年になるはず。気を長くして待とう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です