チャリダーの海外での自転車交通事故とタイでトラックに轢かれたイギリス人カップル

自転車で世界をぐるぐる巡っていた。

ヨーロッパからアフリカ大陸へ向かうことを悩んでいるとき、アフリカ大陸が漠然と怖かった。治安と病気。と同時に考えていたのが、アフリカ大陸ですら強盗や病気で死ぬことより、交通事故のほうがよっぽど可能性が高いのではないかと。

さらに言ってしまえば、アフリカ大陸の強盗や病気による死のリスクより、他の大陸での交通事故のリスクの方が高いように思った。

もしもこの仮説が正しいならば、アフリカ大陸がほかの地域より危険といえども、どの地域でも交通事故が起こりえる限りにおいて、アフリカの危険(治安と病気)もさほどではない。

むしろ交通事情が悪い国のほうが、よっぽど危ない。
タンザニア、メキシコ、ベトナム、中国など

データを取ったわけではなく、2年半世界を自転車で走った僕の感覚でしかない。ただ、ロシアで邦人男性が自動車と衝突した2012年12月のニュースに引き続き、タイでイギリス人カップルがトラックに轢かれたニュースを知り、僕の感覚もあながち間違ってないのかもしれないと感じたのだ。

British couple died on 23rd country of round-the-world cycling trip when they were killed by pick-up truck in Thailand

A British couple on a round-the-world cycling tour have been killed in a road crash in Thailand.

Peter Root and Mary Thompson, both artists aged 34 from Guernsey in the Channel Islands, set off on a global adventure in July 2011 and had cycled through Europe, the Middle East and China.

But the couple died on Wednesday when they were run over by the driver of a pick-up truck while riding their bicycles on a road 70 miles east of Bangkok in Phanom Sarakham, Chachoengsao.

僕の何人かの友人が自転車で旅を続けている。彼らももちろん、海外で自転車を乗りうるすべての人に気をつけて欲しい。もちろん日本国内で自転車に乗る人も同様である。僕自身も、気をつけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です