takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

南アフリカ

宿泊マッチングサービスroomoramaで探した二つの素敵な宿[Airbnbの競合・口コミ・評判]

投稿日:2012年8月9日 更新日:

ケープタウンから喜望峰への自転車旅は二泊三日。一泊目はミューゼンバーグ(Mulzenberg) 、二泊目はフィッシュフック(Fish Hoek)に泊まった。普段、宿はその場で探すことが多いのだけど、今回は予約していた。それは、roomorama(ルームオラマ)という旅行者やビジネスパーソン向けの短期賃貸サービスを提供しているウェブサイトを使う機会を頂いたからだ。

ステマとならないように言っておくと、ブログで感想を書くことを対価にroomoramaを使わせてもらった。ブログを書いているとこんなオファーもあるのだと知る。使わせてもらったからと言って嘘を書くつもりはなく、だからこそ、サービスが非常に満足いくもので良かった。

ミューゼンバーグの宿はマンションの一室を貸し出したもの。1LDKのおしゃれな部屋だった。全部が素敵だった中で、今回ぐっときたのは浴槽。アフリカ大陸で初めての風呂に癒された。基本的にシャワーだし、バケツのところもあったしね。気持ちよすぎて興奮した。

<ミューゼンバーグの宿の写真>

roomoramaのMulzenbergの宿 (2)roomoramaのMulzenbergの宿 (1)roomoramaのMulzenbergの宿 (7)roomoramaのMulzenbergの宿 (11)roomoramaのMulzenbergの宿 (12)roomoramaのMulzenbergの宿 (3)roomoramaのMulzenbergの宿 (6)roomoramaのMulzenbergの宿 (4)roomoramaのMulzenbergの宿 (5)roomoramaのMulzenbergの宿 (8)roomoramaのMulzenbergの宿 (9)roomoramaのMulzenbergの宿 (10)

フィッシュフックの宿はスタジオタイプの部屋。こちらもおしゃれで綺麗だった。ぐっと来たのは夜景。丘の上にある部屋からフィッシュフックの街が見渡せる。海と隣接して輝く無数の光が、喜望峰に到着した夜の昂ぶった心を落ち着かせた。これで終わりなんだ、という物思いに耽った。

<フィッシュフックの宿の写真>

roomoramaのFish Hoekの宿 (4)roomoramaのFish Hoekの宿 (1)roomoramaのFish Hoekの宿 (2)roomoramaのFish Hoekの宿 (3)roomoramaのFish Hoekの宿 (8)roomoramaのFish Hoekの宿 (9)roomoramaのFish Hoekの宿 (10)roomoramaのFish Hoekの宿 (12)roomoramaのFish Hoekの宿 (7)roomoramaのFish Hoekの宿 (6)roomoramaのFish Hoekの宿 (11)roomoramaのFish Hoekの宿 (5)

上の2つの宿は3000円~4000円。ケープタウンで泊まっていた安ドミトリーが1000円くらいなので、風呂トイレ付の個室と考えると満足な値段だと思う。2人で使えば半額なのでお得感がある。サイトを見ているとプール付の一軒家や4LDKのマンションの一室が見つかるので、そういったところに数人で行くのは楽しそうだと思った。みんなで割れば安い。

予算が豊富ならば、検索すれば素敵な部屋がいっぱい出てくる。基本的に家やマンションの一室なので、ホテルよりも普段の生活っぽい感じで海外に滞在したい人に向いているだろう。

僕にとって泊まった二件ともにキッチンがあるのは満足した要素の1つだった。塩、コショウ、砂糖などのちょっとした調味料が置いてあったのはポイントが高い。二件目はコーヒー豆も置いてあり、テラスで香りの良いコーヒーを飲みながら優雅に朝食を食べた。

またroomoramaを使ってみたいと思う。

336×280

336×280

-南アフリカ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

エミレーツ航空の評判の納得。おいしい機内食に荷物は30kgまでOK!

最後の楽しみは飛行機だった。今回の便はケープタウン~ドバイ~関西国際空港の経路で、エミレーツ航空なのだ。ネットで調べた感じだと機内サービスの評判が良く、エアライン・オブ・ザ・イヤーなどの数々の賞を受賞 …

ケープタウンのテーブルマウンテンで思い出す風来のシレンと女剣士アスカ[南アフリカ]

テーブルマウンテンという言葉を聞いたことがあるだろうか?山の上がテーブルのように平らになっているからそう形容される。ケープタウンにあるとは聞いていたが、驚いたのは街の中にあったこと。ヨーロッパのような …

ボルダーズビーチのケープペンギンの特徴は…ブサイク、いや、ブサかわ

ケープタウンから喜望峰への道中にボルダーズビーチという場所がある。そこで見ることが出来るのはアフリカ大陸に生息する唯一のペンギンで、その名はケープペンギン。まさかアフリカにペンギンがいるとは思わなんだ …

すき屋の中心で愛を叫ぶ!その瞬間、日本ですき屋の朝定食を最も味わった男![自転車世界一周旅行帰国]

おかえりと迎えてくれる人がいるって幸せだよね。 季節外れの台風の影響で、ドバイから関西空港への帰国便が遅延した。1年8ヶ月ぶりの日本だ!と高揚していた心が落ち着くには十分すぎる7時間の遅れ。もともと1 …

自転車世界一周旅行のゴール「喜望峰」へ着いて想うこと[南アフリカ]

物事には終わりがある。終えなければ、次へ進めない。返して言えば、終えることは次へ進むことであり、次へ進む覚悟がようやく決まったというところか。2年半の旅の終止符を打つ日が近づいていた。 ナミビアでナミ …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。