「だーれだ」って1度しか会ったことがなく、2年3カ月ぶりに会う相手にやることじゃない[ザンビアリビングストン]

リビングストンのwifiがつながるカフェでパソコンと向かい合っていた。すると、

「だーれだ!?」(英語)

と後ろから手で目隠しをされた。
え!?
動揺。
つうか、あり得ないシチュエーション。
野太い声に心当たりはなく、見当がつかない。

手を外され後ろを振り向くと、、、ライアン!!!!!

まじか。僕のことがよく分かったな。そして僕もよくライアンのことが分かったと思う。

ライアンと出会ったのはチリで、旅を始めて3カ月目の2010年2月のこと。プンタアレーナスの宿で出会ったチャリダーだった。一緒に走ったわけではなく、宿で話しただけ。ライアンもその後ずっと自転車を漕ぎ続け、南アフリカから北上してきた彼とまさかの再会。

実に、2年3カ月ぶり。

奇跡だよね。実際、旅の序盤で巡った中南米で出会った旅人の大半は旅を終えている。お互いがあれから2年以上に渡って旅を続け、再会したのはアフリカ大陸。しかも偶然。ほんとびっくりした。

世界は広いけど、世間は狭い。

s-s-R0024614

ここで目隠しされるっていう、、、

s-s-R0024538

1回目に来たときはケーキを頼んだ。

s-s-R0024612

2回目に来たときはソフトクリームを頼んだ。ライアンに目隠しされたときには食べ終わってて良かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です