takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

マラウィ

マラウィカロンガのJICA青年海外協力隊の家で鶏を捌き方を教わり、テーブルゲームのバオで遊ぶ

投稿日:2012年6月12日 更新日:

旅に出てから3度目の誕生日。一昨年は南米のチリ 、去年はアジアのネパール、今年はアフリカのマラウィで迎えることになりそうだ。改めて確認すると、世界を旅していることを実感する。幸せなことに、過去二回の誕生日は友人にお祝いしてもらっている。同様にお祝いをしてもらえれば嬉しいけれど、今年は1人で誕生日を過ごすだろうと思っていた。

4月18日にマラウィに入国した時点で1人。4月20日の誕生日は2日後で、その区間に大きな街はない。アフリカの田舎町で誕生日を祝ってもらえるような出会いがあった試しはなく、どこで1人誕生日を過ごそうか考えていた。やっぱりマラウィ湖湖畔で魚をつまみにビールを飲みながらキャンプしてのんびり過ごすのがいいかな、な~んて。

しかし、物事は思うようには進まない。むしろ驚きの展開が待っていた。

マラウィ入国初日、泊まる予定だったカロンガまで数キロのところである。カロンガ目指して自転車を漕いでいたら、後方から声をかけられた。「こんにちは!」不意打ちにギョとして顔を向けると、隣にはバイクに乗った日本人女性。何者!?という疑問が浮かぶと同時にバイクに書いてあるJICAの文字が目に入り、疑問は氷解。青年海外協力隊の人だ。

並走しながらちょっと会話したところ、彼女自身も協力隊で来ていると教えてくれた。それに続いたヨウコさんの言葉は

「新しい協力隊のメンバーが今日カロンガに来て夕食を一緒に食べるから、良かったら来ませんか?」

嬉しいお誘い。躊躇することなく参加したい旨を伝える。このような出会いから始まり、その日は夕食を御馳走してもらい、泊めてもらった。話の中で誕生日が明後日であることをぽろりと漏らすと、お祝いしますよ、の一言。そのままもう一泊させてもらい、19日の誕生日前夜に祝ってもらったのだ。確実に1人だと思っていたから嬉しさ倍増である。

28歳の誕生日でスペシャルだったことと言えば、人生で初めて鶏を捌いたこと。ヨウコさんは庭で鶏を飼っており、誕生日祝いに一匹食べようという話になった。それは僕が捌かせてもらうことに。やってみたかったんだよね。

初めて魚を捌いたときに思ったこと。僕らは生きるために多くの動物を食べている。日本のスーパーで並ぶのは捌かれた姿であり、自分たちで殺す場面はない。魚が、鶏が、豚が、牛が殺されて肉になる課程を、多くの日本人は知らずに育ってゆく。魚を釣って捌くことを覚えてから、その他の動物を一度は己の手で殺して食べたいと思っていた。

スーパーで切り身として売られるまでに何が起こっているのか。生きるために殺すこと。それを肌感覚で知るのは必要なことのように感じたのだ。多くの人は殺す場面を見ることで、食べ物により感謝するようになるだろう。自らの手で殺すことで、生を想うだろう。そういった根源的な感覚を、死を意識することが少ない現代の世で、忘れ去りたくない。

次は豚や牛などを経験してみたいと僕は思う。感じる方向性は人それぞれのようで、出会った旅人の中にベジタリアンの人がいた。理由を問うと、豚の解体に立ち会ったことがきっかけだと言う。そのときに気分があまり良くなく、食への感謝の気持ちを持つことが難しかった。また、自分で捌くことが出来ないものを食べるべきではないと感じた。そういった経緯で、自分で殺せるものしか食べないことにしたとのこと。

28歳の誕生日は、人生で初めて鶏を捌いた記念日となった。

<カロンガ(Karonga)での写真>


ヨウコさんの家。


スぺゲッティを御馳走してもらった。


デザートはスイカなり。


シナルさんの家に泊めてもらった夜だしてもらったワインとつまみ。やばいわ。


ヘルシーな朝ごはん。


シナルさんの家。


バオ(Bao)というゲーム。


捌く鶏。覚悟を決めた様子。


僕らは生き物を殺して生きているのだ。目をそらしてはならない。


熱湯につける。


んで毛をむしる。


煮込む。


トマト煮にして晩に食べた。新鮮なのは美味しいね。


お昼はカロンガの街を散歩。


ウガンダのポジョ、ケニアタンザニアのウガリはマラウィではシマと呼ばれる。トウモロコシから作られるのが多いが、キャッサバから作るシマを食べてみた。


これがキャッサバ。


マラウィラム。


マラウィウォッカとマラウィジン。


ヨウコさんの家に近くに住むこどもたち。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=JMoPvSYH6nE&feature=plcp[/youtube]


サザエさん!?


日本の自転車に乗ってやってきていた。防犯登録をちゃんとしています。(日本で撤去された自転車だと思われる)


JICAバイク。


バナナが朝ごはん。


ありがとう!!

336×280

336×280

-マラウィ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マラウィの食事と治安と安宿と物価とマラウィ人の性格

アフリカで買い物をしようとすると必ず口出しする人がいる。物を売っている人に値段を聞いても、外人を見て集まってきた人が答えることの方が多いくらいだ。この野菜は200であの果物は500で、みたいな。 自転 …

マラウィ大統領の失策と交代と問題点と治安悪化

マラウィの「ココに行ってみたい!」という場所はなかった。ただこの国を見てみたいと思ったわけがある。混沌を見たかった。言い方をかえれば、国の節目を感じたかった。 マラウィは不安定な状態にある。調べていな …

サリマからリロングウェのバスとマラウィ湖の魚と食事の値段

「陸路は常に自転車で」という自転車旅をする人がよく持つ拘りを僕は持っていない。しがらみにとらわれない自由な心を持って「己の喜び」を追求したいと考えていた今回の旅。わくわくする方を選ぶという指針を持って …

マラウィの闇レートとATMとキャンプと子供のダンス

タンザニアのムベヤで両替してきたマラウィクワチャが尽きそうだった。首都リロングウェでは大型スーパーの前に両替商がいるという情報を得ていたのだが、そこまで持ちそうにない。道中の大きめの街にはATMがある …

海外旅行の両替のコツ[タンザニアとマラウィのひどい国境]

マラウィの貨幣であるクワチャの価値が下落し続けており、1ドルが約180クワチャという公式レートとはかけ離れた実態が出来あがっていた。実態とはつまりブラックマーケットのことで、僕が入国した2012年4月 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。