水の携帯タンクはプラティパス2がおすすめ![自転車世界一周旅行持ち物]

世界には街と街の間隔が200kmを越える場所がある。僕が走った場所だと、パタゴニアやサハラ砂漠、先日走ったボツワナなどが挙げられる。それらの無補給区間では数日分の食糧と「水」を積み込むことになる。

水は重い。ただ、水がなくなることほど辛いことはない。念には念を入れて余分に持っていくのが常。積み過ぎると著しく負担が増すので難しいところ。

水を運ぶときはペットボトルと魔法瓶を満たし、残りをプラティパス2に入れている。出発のときに購入した2つのプラティパス2のうち1つは、1年使ったあたりで壊れた。注ぎ口のところから水が洩れるようになったのだ。よって現状持っているのは1つになる。重宝しているので紹介。

商品仕様
•容量:2.5リットル
•サイズ:190×350mm
•重さ:36g
•キャップ:プッシュプルキャップ

「軽いこと」と「かさばらないこと」の2点において使いやすい。有用である。







古民家宿泊はじめました!

管理人タカが住んでいる古民家で民泊をはじめました。良かったら遊びに来てください。語りましょう。ボードゲームやりましょう!


コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

管理人のたかです。1984年4月20日生まれ。不動産会社での開発業、自転車世界一周、地域おこし協力隊を経て、愛知県新城市の古民家で宿泊事業をはじめました。SNSでフォローしていただくと最新記事を読むことができます。よろしくお願いします。