takahirosuzuki.com

地域おこし協力隊、田舎暮らし、漫画、ボードゲーム、謎解き、自転車世界一周について書いています

ケニア 持ち物

サイドバッグは防水のオルトリーブがおすすめ![自転車世界一周旅行装備]

投稿日:2012年5月8日 更新日:

アメリカから自転車旅をスタートしたとき、僕の自転車は6つのバックを運んでいた。

<アメリカから出発したとき・2009年11月>
・フロントバック:オーストリッチのF-273
・フロントサイドバック:オーストリッチのS7
・リアサイドバック:オルトリーブのBack Roller
・リアキャリア上:リュック

アフリカ走行中の今では7つのバックを運んでいる。

<アフリカ走行中・2012年3月>
・フロントバック:オルトリーブのUltimate 5 classic
・フロントサイドバック:オルトリーブののFront Roller
・フロントキャリア上:防水バック
・リアサイドバック:オルトリーブのBack Roller
・リアキャリア上:モンベルの防水バック

リアのサイドバック以外はすべて変えた。理由は故障。ただ、今後買い換えるとしても新しいバックはオルトリーブにする。「完全防水」というのが有難過ぎて、もう戻れないのだ。

オーストリッチのバックを使っていたときは、雨が降ったら防水カバーをかぶせていた。始めから防水仕様のものを使うと、なんと面倒なのかと感じる。カバーをしてもバックは湿ってゆくし。テントに入れればカバーを外しても湿気が伝わってゆく。

片やオルトリーブの方は雨が降ってもカバーをする必要はない。テントに入れる前にはさっとタオルで拭けば水気の大半は取れる。なんと便利なこと。フックがちゃっちく見えたので怪しんでいたが、Back Rollerは2年以上使い続けていて問題なし。むしろ取り外しが楽で助かっている。十分に信頼足る作りだと知った。

十二分に満足する製品と出会ったら、同じものを使い続ける意味が分かる。それ以上の製品が世の中にはあるかもしれないけれど、探すコストの方が大きいということ。自転車のバックに関して言えば、オルトリーブのものを選んでおけば間違いはないだろう。

336×280

336×280

-ケニア, 持ち物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

地球の歩き方とロンリープラネットと自転車旅の相性

海外において、道行く人が日本人旅行者だと一瞬で判別出来ることがある。アジア系の人が黄色のガイドブックを持っているときは間違いない。その本は日本人にとって最もメジャーなガイドブックである「地球の歩き方」 …

パールイズミのサイクルパンツは必需品[自転車世界一周持ち物]

これは持ってきて良かったと思うもので真っ先に思い浮かんだのがこれ。     パールイズミ 【B206SMT】クエスト パンツ 1.ブラック/BL posted with amazlet at 10.0 …

世界一周におすすめのパソコンはレノボのThinkpad[自転車旅で故障なし!]

アメリカからスタートした旅はもうすぐ2年となる。中南米や北米を回っていたときはパソコンを持っていなかった。しかしブログの更新を続けるとなるとパソコンがないのは不便極まりない。 まず日本語が使える安いイ …

危険都市ナイロビの治安と滞在中に起きたテロ[ケニア]

ナイロビに来る日がやってくるとは、、、 アフリカは危険だと思っていた。危険情報を調べ、多くの旅行者がいる安全そうな地域を選んで旅を始めた。モロッコからセネガルまで自転車で走り、タンザニアを1ヵ月強回っ …

世界一周の自転車はサーリーのロングホールトラッカー

今回の旅を共にする自転車。 surly の Long  Hall  Trucker 気に入っている点は ◆ドロップハンドルは手のポジションが多く取れるので、長時間のツーリングには快適 ◆ペダルとリアキ …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。